同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 6-0で大勝!春リーグ初白星:ソフトボール部
関西学生バスケットボールリーグ戦
課題残すも…シーズン初戦V
日本一ならずとも見せた同志...
'18夏の展望「...
月1座談会 第5弾「縁の下...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2018年8月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
6-0で大勝!春リーグ初白星:ソフトボール部
2018/04/24 HEAD LINE NEWS
大阪青山000000--------0
同志社01005---------6

関西学生ソフトボール春季リーグ (2018年4月21日)

4月21日に大阪大谷大学にて行われた関西学生ソフトボール春季リーグ戦、対大阪青山大。同志社は2回に今季初の先制点をあげると、5回には打者一巡の猛攻で5点を追加し流れを確実に引き寄せた。投打のかみ合った試合を展開し、6-0で春季リーグ初白星を挙げた。

 

同志社の先発は森本(社3)。初回にヒットを許すも味方の好守が光り、無失点で切り抜ける。裏の攻撃では得点圏にランナーを進めるも得点には至らなかった。



先発の森本。



先にホームを踏んだのは同志社だ。2回裏、吉岡(スポ3)が左中間にヒットを放つと、続く石川(商3)のサードゴロで1死二塁とする。岩本(商1)はこのチャンスを逃さなかった。「ここで自分が打ってリズムを持ってこよう」(岩本)。岩本のセンター前タイムリーで吉岡が生還し、先制点を挙げる。



塁上で笑顔を見せる岩本。



森本はテンポの良いピッチングで3回まで相手を無得点に抑える。4回からは春季リーグ初登板の下小薗(スポ4)がマウンドに上がった。「久々の登板だったので最初は緊張した」(下小薗)。しかし徐々にマウンドでの感覚を取り戻すと、ランナーを出しつつも相手打線に得点を許さないピッチングを見せる。



森本に代わりマウンドに上がった下小薗。



試合が大きく動いたのは5回裏。先頭の金谷(商4)が四球で出塁、さらに暴投で2塁へ進む。さらに2打席連続となる安打を放った藤井(文情1)が盗塁を成功させると、橋本(スポ1)も四球で出塁する。無死満塁のチャンスで打席に立ったのは重富(スポ4)。3球目をレフト前に運び、金谷が生還する。拮抗した試合展開のなか貴重な追加点を奪った。その後の流れは同志社のものだった。相手守備の乱れの隙も逃さず一挙5得点。初白星に向けて理想的な攻撃で得点を重ねた。

6回からマウンドには冨岡(社1)が上がった。先頭から二者連続でヒットを許すも、後続を抑えホームを踏ませない。迎えた最終回には再び森本が登板し、試合を締めくくった。



 盛り上がるベンチの様子


春季リーグも折り返しとなる今試合は6-0と大勝で終えた。しかしリーグ通算成績は1勝3敗で次戦からは2部で戦うことが決まった。しかし戦いの場が移っても落ち込む暇はない。「2部リーグ優勝を目指して全勝する」(重富)。1部に戻ってくるためには2次リーグで確実に勝利を掴んでいくほかない。「みんなで勝ちにいきたい」(重富)。1次リーグで見えた課題を克服し、気持ちを入れ替えて1部復帰に向けて前進あるのみだ。(文・水納愛美 写真・高松さやか)



【結果】

①vs園田女大 ●1-5

②vs立命大 ●2-6

③vs神戸親和女大 ●3-4

④vs大阪青山大 ○6-0


【スターティングメンバー】

1(遊)金谷…商4

2(右)藤井…文情1

3(左)橋本…社1

4(中)重富…スポ4

5(捕)吉岡…スポ3

6(二)石川…商3

7(一)岩本…商1

8(指)野表…社2

9(三)冨山…スポ1

(投)森本…社3


【バッテリー】

森本、下小薗(スポ4)、冨岡(社1)


【コメント】

杉原監督
(1次リーグを振り返って—)
ミスの多いリーグだったかなと思う。個々の力は優ってるところもあると思うんですけど、それをなかなか組織力で生かせなくて。そこの要因としてミスが多かったということがある。1年生もよく打つんですけど、チームとしてのミスが多くて流れがつかめなかったというリーグでした。
(明日からの試合に向けてー)
下位チームに当たるので、やっぱり確実に勝って優勝して、また秋も1部スタート出来るような形にしたいと思っています。

#10 重富
(今の試合を含め、1次リーグを振り返ってー)
細かいミスが多かった。相手よりヒットを打ってるのにこれだけ点が取れないっていうのが課題かなというところ。そこを踏まえた上で2次リーグに臨まないといけない。それと、当たり前のアウトをとれないとか走塁ミスが目立ったので、そこをもっとみんなで声掛け合って確認したりとか、代走出すなり対策は出来ると思うので、細かいミスをしっかりなくせるようにしたいと思います。
(自身のバッティングを振り返ってー)
2部になるから打率がリセットになる。(重富は1次リーグ終了時点で打率.615を記録)。だけど、2部の首位打者を目指します。来た球を打つっていう感であんまり気負うことなく打てた。考えすぎなかったのが逆に良かったのかなとも思う。
(2次リーグに繋げられると思ったことー)
初回のテンポが上手くいったら、打撃も自分たちの流れを作りやすかったんじゃないかなと思うから、今の試合みたいに初回はきっちり3人で抑えて、そこから打撃に繋げていきたい。初回、初球、先頭バッターっていう初めを大事にしていきたい。
ここっていうチャンスで、チームで繋ぐっていう意識をもって、みんなで勝ちにいきたいと思います。
(残りの試合の意気込みー)
2部リーグ優勝目指して、全勝します。

#25 岩本
(試合を振り返ってー)
チームのこととしては今までの3試合と違って初回の初球をしっかり集中して守ろうと決めていて、それが初回からできたのでとてもいい守備のリズムが作れた。チャンスで連打して点を取ることができたのでよかった。自分はバッティングを課題にしてこの試合に臨んだが、先制点で一本打てたのでそこはよかった。
(反省点はー)
守備で、間のプレーで迷ったり声掛けでエラーしてしまったところがあったしっかり周りとどこまで自分が守るかを話し合ってしっかり連携を取りたい。
(2回裏、チャンスで回ってきてどんな気持ちで打席に入ったか-)
ここで自分が打って点を入れて、チームにリズムを持ってこようという気持ちで打席に入った。
(1次リーグ全体を振り返ってー)
今までの負けてしまった3試合は、バッティングで結果がいいように出なかった。最後の試合で明日の試合に繋がるようにしっかり勝てたので、明日の流れに繋がると思うのでよかった。
(2次リーグへの意気込みー)
全勝して2次リーグ優勝したい。

#14 下小薗
(試合を振り返ってー)
勝ってよかった。やっと勝てました。
(春リーグ初登板だったがー)
久々の登板だったので最初は緊張したが、段々マウンドの感覚が戻ってきた。
(ピッチングの良かった点はー)
ない、普通。打たれなくてよかった。
(反省点はー)
変化球がちょっと危ういコースに行っていた。
(明日からの2次リーグへの意気込みー)
しっかり気持ち入れて1部にもう一回戻れるように頑張ります。









 

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について