同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 10得点で大勝。秋季リーグ白星発進!:ソフトボール部
第91回日本学生氷上競技選...
第91回日本学生氷上競技選...
悔しさバネにインカレへ
8連覇達成!
チームのために出来ること
'18秋の展望「...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2018年12月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
10得点で大勝。秋季リーグ白星発進!:ソフトボール部
2018/09/18 HEAD LINE NEWS
兵教大0000----------0
同志社5005----------10

関西学生ソフトボール秋季リーグ戦 (2018年9月15日)

 9月15日に四天王寺大学(大阪府)にて行われた関西学生ソフトボール秋季リーグ戦、対兵教大。同志社は投げては先発の森本(社3)が完封、打っては三塁打4本を含む9安打で10得点を挙げ、4回コールド勝ちを収めた。1部リーグ昇格へ向け、順調なスタートを切った。



ルーティンを行い士気を高める



序盤から早くも主導権を握った。初回、無死満塁で吉岡(スポ3)が走者一掃の適時打を放ち先制に成功。さらに岩本(商1)と石川(商3)から適時二塁打が飛び出し2点を追加。打者一巡の猛攻で一挙5点を入れる。

 


新主将の石川



秋季リーグ初戦で先発を任されたのは森本。初回を三者凡退に抑えると、以降も要所を締めるピッチングで相手打線を封じた。「ランナーは出したけど無駄な進塁もなく、失点もなく良かったかなと思う」(森本)。4回を投げて無四球被安打3と守備の流れを作った。



マウンドで笑顔を見せる森本



打撃陣も森本の好投に応えた。4回裏、同志社の攻撃。初回以降無得点に終わっていた打線が再び火を噴いた。無死一二塁、野表(社2)がセンターへの適時二塁打を放ち1点を追加すると、続く吉岡の犠飛、重富(スポ4)、岩本の連続適時三塁打で3点を奪った。さらに相手投手の四球が続き、最後は押し出し四球で10点目のホームを踏み、試合を決めた。10―0でコールド勝ち。秋季リーグ初戦を白星で飾った。



4番に座る吉岡



  • 3打数2安打2打点と活躍した岩本




    だが、満足できる勝利ではなかった。「試合内容は締まらなかった」(杉原監督)。それは初回・4回こそ5得点を挙げた一方で、2・3回はフライアウトが計6個と目立ったことを指す。吉岡、石川の三塁打で好機を作るも、緩い球を打ち損じ得点に結びつけることが出来なかった。各回4人で攻撃が斬られ、単調な攻撃が続いた点は打者陣も反省点として挙げている。今後の試合では持ち味が異なる投手への対応が課題となる。



    試合終了後、整列する選手たち



    反省点こそ挙げられたが初戦から圧勝し、チームの勢いを見せつけた。悔しさを味わった彼女達の目には、1部復帰しか見えていない。勢いそのままに勝利を重ねていきたい。「采配するのも思いきって、選手のことを信じてやっていきたい」(石川)。部員全員が互いを信じ、新主将を先頭に一体となって1部昇格に挑む。(文・高松さやか 写真・水納愛美)




    【スターティングメンバー】
    1(遊)橋本…スポ1
    2(左)高部…商2
    3(指)野表…社2
    4(捕)吉岡…スポ3
    5(中)重富…スポ4
    6(一)岩本…商1
    7(右)藤井…文情1
    8(二)石川…商3
    9(三)冨山…スポ1
    (投)森本…社3


    【バッテリー】
    森本―吉岡


    【結果】
    VS兵教大 ○10-0


    【コメント】
    杉原監督
    (初戦で勝利ー)
    勝ててよかった。
    (10得点ー)
    だけど、試合内容は締まらなくて。ボールが多くて絞りにくいというのと、初戦なので力が入ってたっていうのもあるのかフライが多いのと全然振れてなかったので、それはキャプテンに言って。課題なので調整するように話しておきました。
    (1年生も活躍ー)
    全日総後から1年生の出る機会も増えたので、多分チャンスだと思っていると思いますし、練習が好きで練習中からすごく盛り上がっていていいと思います。
    (1部に上がるためにどういう試合を展開していくかー)
    春リーグを振り返るとミスで自滅しているところが多かったので、ミスを少なくして先制点をとって試合の流れをつかむ。実力もついてきていると思うので、流れに乗れば、1部に上がれると思う。だから流れを取り損ねないように試合をしてもらえればと思います。


    #23 石川
    (今日の試合を振り返ってー)
    今日は最初に、相手に合わせてプレーをするんじゃなくて自分たちのプレーをしっかりやっていくっていうことと、最後まで気を抜かずに全員で戦っていこうっていう話をしていて。結果的に、全体では出来たんじゃないかと思う。でも、あんまり早くない球に対してかなりフライアウトが多くて、もっと点は取れるはずだしそこに関して対応力が欠けていた。守備では細かいミスはあったけど野手のエラーとか連携ミスはなく、ピッチャーもテンポよく投げてくれた。守備は良かったかなと思う。
    (リーグ初戦ー)
    1回生が多くなったチームだから、そこでいかに上回生がプレーでも行動でも引っ張っていけるかが大事だとこのチームになってから感じていて。でも初戦でリーグデビューの1回生も多いから硬さが出るかなっていう心配もあったけど、1回生は全然元気に声出していた。いつもの練習の雰囲気でやってくれていたのでそこは良かったかなと思う。
    (バッティングで活躍ー)
    あんまり調子が良くなくて、練習でも全然打ててなくってどうやってリーグに合わせていくかっていう。やっぱりキャプテンを任されているのでチームを勝たせることが仕事。だけどその中で一選手として自分のプレーでもチームに貢献しないといけないっていうのはあって、それは今までに感じたことないプレッシャーとか緊張はあった。けど2本出て吹っ切れた部分もあったので良かったです。
    (チームと個人の目標ー)
    チームは7月から新しい体制でスタートして、まず1番の目標としてこの秋リーグではどんな形でも1部に昇格するっていうのを目標でやってきている。全部勝ったら1部昇格は間違いなくて、それだけはわかっているので1戦1戦勝ち抜いて1部昇格しようっていうのは皆で決めています。個人としては練習とかでは結構きついこととか言ったりしてる。けど自分の今回のリーグのテーマは、1つは皆のことを信じるっていうことなので、采配するのも思いきって選手のことを信じて。結果だけにこだわらないで、信じてやっていこうって決めています。


    #13 森本
    (初戦で先発を任されてー)
    初戦なので、チームが勝てるピッチングをしようと思った。
    (今日のピッチングを振り返ってー)
    結構ボール球が多くて、もっと早いカウントで打たせてたらもうちょっとリズム良く出来たかなっていうところはあった。でも、その中でランナー出したけど無駄な進塁もなく、失点もなく良かったかなと思う。
    (初戦でチームの雰囲気はー)
    1回生とかはたぶん緊張してる人多かったみたいなので、でも緊張してる中でもほとんどの人がヒット打ってエラーも少なかったし、右肩上がりです、これから。
    (秋リーグの目標ー)
    任せられたところは無失点で、勝てるピッチングをしたいと思います。


    #9 吉岡
    (打撃で活躍ー)
    球が遅くて思ったよりタイミングが取りずらかった。2打席目からはノーステップにしてタイミングを取るのを最小限にするようにしたりして修正できたので良かった。
    (今日の試合を振り返ってー)
    バッティングは2回3回と0点だったっていうところが反省点。フライにしても、打ち損じっていうのが多かった。球が遅いピッチャーへの対応が皆出来ていなかった。攻撃が単調になっていたのが課題。
    (ピッチャーの調子はー)
    良かった。打たせにいったらヒットっていうところもあったけど、最初から相手に打たせに行って守備に任せるっていうのを完璧にやってくれたので良かった。
    (秋リーグの目標ー)
    キャッチャーとしてピッチャーを全力で助けて、点取られても自分が打って返すくらいの気持ちで頑張ります。副キャプテンでもあるのでしっかり周りを見て、妃悠が出来ない分をカバーできるように頑張ります。


    #25 岩本
    (秋リーグ初戦、どのように意気込んで臨んだかー)
    目標は1部昇格ということで全勝が目標なので、みんなでしっかり初戦を勝って、入りなど気合いを入れていこうと話していた。
    (コールド勝ちー)
    結果としては勝てたが、完璧に自分たちのバッティングや持ち味が出せたというわけではないので、勝てたけどフライでアウトになってしまったりまだ反省すべきことはある。それを次にどう改善していくか考えていきたい。
    (長打2本ー)
    ピッチャーの球が普通に比べて緩い球だったので、しっかりと呼び込んで打とうと打席に入った。1打席目からミートすることができたので、自分的には良い結果になった。
    (打席で意識していることー)
    引っ張ってしまうタイプ。引っ張っていたら凡フライになってしまう可能性もあるので、コースなりに逆らわずにセンター返し、強い打球をイメージしている。
    (今日はそれがうまくいったかー)
    1打席目と3打席目は結構良い感じだったが、2打席目にとらえきれなかった部分があるので改善していきたい。
    (今後の目標ー)
    同志社らしく、楽しく元気に試合をする。必ず勝って全勝したい。



    同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
    リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について