同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 堀、圧巻の関西インカレ2連覇:体操競技部
関西大学ラグビーAリーグ
優勝・昇格決めた!
開幕4連勝で流れに乗る
'18秋の展望「...
'18秋の展望「...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2018年10月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
堀、圧巻の関西インカレ2連覇:体操競技部
2018/04/19 HEAD LINE NEWS

第60回関西学生体操選手権大会(新体操の部) (2018年4月15日)

4月15日に花園大学(京都府)にて行われた関西学生体操選手権大会新体操の部。男子個人総合にて堀(スポ2)が2連覇を果たした。また、去年に引き続き、種目別でも全種目優勝し、完全優勝を果たした。

堀にとってシーズン開幕戦となる今大会。「前日の練習で体育館のフロアの状態をきちんと確認できた。」と調整万全で試合に臨んだ。

1種目目のスティックでは華麗な手さばき雅やかな体の動きで観客を魅了。17.950点を記録し、2位と0.600点差をつけ、好調の出だしとなった。2種目目はリング。この種目も1位を記録したが、17.650点と全種目の中で点数が一番低かった。「動きも悪く、足の運び方など、研究しないといけないところがたくさんあった。」と今後に向けて、課題が山積みの種目となった。



試合前の精神統一


リングでの最後のポーズ


3種目目のロープ。安定した演技を披露し、2位に更に差をつける。最終種目のクラブ。疲れが出る中、他の追随を許さない圧巻のパフォーマンスを披露。曲調との一体感ある演技、完璧な手具さばきで格の違いを見せつけ、大会全演技唯一の18点台をたたき出した。



クラブでの動き


2位の森多(花園大)と約3点の差をつけての圧巻の優勝で関西インカレは幕を閉じた。しかし、「2連覇を果たし嬉しいが、内容は伴ってなかった。」と結果に満足はしていなかった。次の舞台は5月23,24日に北九州市立総合体育館で行われる西日本インカレだ。堀は昨年、惜しくも準優勝に終わっている。「細かい所をストイックに修正して、次に臨みたい。」優勝目指して、関西王者の更なる躍進が始まる。(宇佐美義人)


優勝カップを手にする堀


結果詳細

堀孝輔

男子個人総合1位 71.400点

スティック 1位 17.950点

リング 1位 17.650点

ロープ 1位 17.725点

クラブ 1位 18.075点


同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について