同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 堀、西日本2連覇:体操競技部
第45回全関西学生ライフル...
第45回全関西学生ライフル...
’19ルーキー特集:坂東里...
’19ルーキー特集:岡部哲...
関西選手権でのスーパーシー...
予選通過!
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2019年6月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
堀、西日本2連覇:体操競技部
2019/06/03 HEAD LINE NEWS

第69回西日本学生体操選手権大会(新体操の部) (2019年5月30日)

5月29日から30日にスカイホール豊田(愛知県)で行なわれた。第89回西日本学生体操選手権大会(体操競技の部)。堀(スポ3)が個人総合で優勝を果たし、2連覇を達成した。

波乱の幕開けだった。昨年、今大会で優勝を果たしている堀は連覇の期待がかかっていた。その中で挑んだ今大会の1種目目はスティック。堀にとって苦手ではない種目である。だが、演技途中タンブリングを失敗。これまでミスはあったが、タンブリングでのミスはなかった。「このミスで演技に対する集中力を切らしてしまった。」動揺した堀は演技最後の手具のキャッチにも失敗をする。スティック種目8位と予想外のスタートとなった。


リングの演技をする堀


迎えた2種目目のリング。マットの上に立つ堀に焦りの顔はなかった。「1種目目と2種目目の間の時間で気持ちを切り替え、集中した。」手具と体を連動させた美しい動きで観客を魅了。高くあがった手具のキャッチも決め、ミスなく終える。出場選手の中でリング唯一の18点台を叩き出した。


ロープの演技をする堀


気持ちの切り替えた堀は残り2種目をミスなく終え、競技を終了。4種目中3種目で1位を獲得。他の追随を許さない演技で2連覇を達成した。

「もっと良い演技ができる。」堀にとって演技内容は決して満足のいくものではなかった。「本番で100%出し切れてなかった。出し切るためにも練習で120%出せるようにする。」完璧な演技へ更なる高みを目指す。


表彰を受ける堀

次の大会は全日本インカレ。1回生の時は12位、2回生の時は8位と苦い思い出がある鬼門の大会だ。「次の大会は良い演技もそうだけど、結果もしっかりと残していきたい。」次は堀の真価が問われる。(宇佐美義人)


同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について