同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 後半戦失速で入れ替え戦へ【卓球部男子】:卓球部
第45回全関西学生ライフル...
第45回全関西学生ライフル...
格上相手に3失点[サッカー...
反撃惜しくも敗北を喫す
4年生が語る主将、チームへの思い
眞壁更紗・富田真結
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2019年5月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
後半戦失速で入れ替え戦へ【卓球部男子】:卓球部
2019/05/13 HEAD LINE NEWS

2019年度関西学生卓球春季リーグ戦 (2019年5月12日)

5月11・12日に近畿大学記念会館(大阪府)にて行われた2019年度関西学生春季リーグ戦。同志社は11日の立命大戦を0-7、12日の関大戦を3-4で敗戦し、2勝5敗でリーグ戦を終えた。


第6戦 立命大戦


終始立命大のペースに飲まれた。1番手の矢野(文情3)がストレートで敗れ出だしでつまづく。2番手の近藤(文情1)がフルゲームまで持ち込む接戦を演じたが、勝ちきることはできなかった。続く石脇(商2)もストレート負け、ダブルスも黒星を喫し、最速で同志社の敗北が決まった。



ストレートで敗れた矢野



残るシングルスは永田(経2)が唯一フルゲームまで粘る活躍を見せたが立命大に圧倒される展開に。終わってみれば0-7の大敗となった。



接戦を演じた近藤



同立戦を勝利で飾ることはできなかった。「勝負どころだった最初の3本を落としたのが敗因」(松田・スポ4)。立命大との実力差を見せつけられる結果となった。


第7戦 関大戦


勝てば4位、負ければ7位で入れ替え戦に回る重要な一戦となった関大戦。「絶対に勝つ」(松田)と意気込んで挑んだ。


まず最初に登場したのは今季順調な亀田(商2)。相手選手の追い上げを寄せ付けないプレーでストレート勝ちを決め、幸先の良いスタートを切る。続いて登場した主将の松田も1ゲームを奪われたが快勝を収め、勝利へ向け流れを引き込んだ。「前半で2-2の展開になれば勝機が見えてくる」(松田)。3番手の近藤が関西王者・坂根(関大)に敗退、続けてダブルスも落としたが、予想通りの展開となった。



喜ぶ松田と同志社ベンチ



だがここから思うように試合が進まなかった。5番手の永田が相手の主将をフルゲームの末倒すも、エース・石脇(商2)がきん差を詰めることができずストレートで敗れた。この時点で3-3、ラストシングルスに勝負の明暗は託された。



悔しい表情を浮かべる石脇



最後に登場したのは安藤(文情3)。2ゲーム連取され敗北の淵まで追い込まれた。だがここから同志社の意地を見せた。ベンチ、ベンチ外の観客席からの声援を背に、安藤が勝利に向け勢いを強める。第3・4ゲームを奪い、フルゲームへ。ここまでの勢いのまま序盤はリードする展開となるも、相手も攻撃の手を緩めない。10-10のデュースの接戦となり、厳しい展開となると、そのまま2点を連取され勝負あり。虚しい敗北となった。



勝利を狙うもあと1歩届かなかった



試合後整列する同志社卓球部男子


苦しい試合を終えた主将の目は赤く潤んでいた。「勝負どころで勝ちきれなかったのが敗因」(松田)。前半を良い流れで終えるも、後続が続かなかった。この結果、同志社は1部リーグ7位に陥落。18日に行われる入れ替え戦への出場が決まった。「次に負けることは許されない。絶対に勝つ」(松田)。この敗戦を糧に練習を積み、必ずや1部に残留する。【上野孝輔】


〇リーグ通算成績

2勝5敗

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について