同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 悔い残る3位、来季へ期待【卓球部女子】:卓球部
第42回関西学生春季室内選...
第42回関西学生春季室内選...
悔しさ残る地力負け[ハンド...
つかんだ最高の結果!
'19秋の展望「...
2019年度秋季リーグ開幕...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2019年9月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
悔い残る3位、来季へ期待【卓球部女子】:卓球部
2019/05/26 HEAD LINE NEWS

2019年度関西学生卓球春季リーグ戦 (2019年5月12日)


4月27日~31日に交野市(大阪府)、5月11日、12日に近畿大学記念館(大阪府)において開催された関西学生選手権卓球春季リーグ戦。合計6日間の長い戦いを経て、春季リーグ戦の幕は閉じた。同志社は惜しくも3位という結果で、昨年リーグ優勝の成績からは遠のいてしまった。しかし、新1年生からは2人がメンバー入りし、大きな活躍を見せた。


ガッツポーズする主将・朝田(商4)


相手の球を巧みに返す加賀(商2)


相手の球をカットする山本(商1)


小さくガッツポーズする吉田(スポ1)と応援するベンチ


リーグ開幕1日目、対戦相手は近畿大学。1番手の主将・朝田(商4)のストレート勝ちで勢いをつくり、連勝していく。7番手である加賀(商2)、相手のボールに最後まで対応しきれずストレート負けとなってしまう。近大に1ポイントとられるも、6-1でリーグ初日からいいスタートが切れた。1年生の吉田(スポ1)と山本(商1)はストレート勝ちをし、安定したプレーでチームに大いに貢献した。


思うようなプレーが出来ず首をかしげる赤川(経3)


スマッシュを決める朝田(商4)


相手の球を見極める山本(商1)


得意のカットをする橋田(スポ4)


新1年生が入った新体制である龍谷大学との対戦である2日目も結果は6-1で勝利。トップの赤川(経3)はオーバーミスが目立ち、結果相手に取られてしまう。ボールが合わずやりにくいと感じる部分があったが、最後は対応できた朝田。1年生である山本はカットと攻撃、バランスよいプレーで最初の2セットを取る。3セット目を取られるもあせらず、相手に向かっていき落ち着いたプレーを見せ勝利。1セット目緊張で思うようなプレーができずにいた7番手・橋田(スポ4)、後半自分の持ち味のサーブで相手を崩しきる。


喜び合う朝田(商4)・塩見(商3)ダブルスペア


試合終了後、崩れ落ちる朝田(商4)


京産大と関西大と良い流れがきていたが、ここで同志社にとって一番の強敵である関学大にぶつかる。ここまで連勝していた吉田もここで記録ストップ。前回の因縁のダブルスペアと再びあたり朝田・塩見ペアは新たな成長をみせた。だが、マッチセットまで持ち込みデュースになるもあと一歩のところで負けてしまい、ダブルス全勝を目指していた塩見(商3)は悔しい表情をみせた。友人でありライバルでもある、敵の宮脇とのシングルス。今季リーグ戦初となるダブルス敗退後のシングルス、朝田は体力的にも限界がきていた。相手のことを知っているからこそお互いの意地がぶつかり合い、どんな球でも拾ってラリーを続ける。しかし最終的には敗退し、朝田はゲーム終了とともにその場に崩れ落ちた。関学大の勢いに飲まれ、個々の思うようなプレーが発揮できず気持ちの面で負けてしまい、苦しい戦いとなった。


相手の球をすばやく返す塩見(商3)


前回屈辱を味わった神戸女子学院大学との試合。山本、朝田が2本取るも、続く加賀が失点しダブルスもまさかの敗北。その後のシングルスでの塩見は悪い流れが断ち切れず試合終了。勝利することができたものの苦しい試合となり、リーグ優勝の夢はここにて閉ざされた。最終日、立命大との試合は勝利し、しっかり勝ち切れたことがチームの自信となって今季春リーグを終えた。


点を決め、ベンチと共にガッツポーズする朝田(商4)


チームの目標である春季リーグ優勝は果たせなかった同志社。主将の朝田は今回の結果に自分の責任を強く感じ、「秋リーグで引退なのでそれまでは最後の卓球人生思いっきりやりきりたい」と卓球への熱い思いをみせた。彼女たち1人1人の技術や基礎はできている。あと残すは体力と応用力だ。結果3位ではあったが、朝田・塩見はベストダブルスペア賞に選ばれ7連勝を果たしたルーキーの山本は見事、優秀選手賞に輝き、同志社は悔しさをばねに勝つための武器を身にまとい、これからさらに成長を遂げていくだろう。(国本夕渚)


優秀選手賞を獲得した山本(商1)


笑顔でベストペア賞 左:塩見(商1) 右:朝田(商4)


最後はみんなで喜びかみしめる卓球部女子


同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について