同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > リーグ優勝!12年ぶり関西王者に!:卓球部
第46回西日本フィギュアス...
第46回西日本フィギュアス...
昨秋王者に2連敗
黒星発進
'20ルーキー特...
ムードメーカー特集 陸上ホ...
ラグビー特集号
'16秋季リーグ報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2020年9月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
リーグ優勝!12年ぶり関西王者に!:卓球部
2020/09/13 HEAD LINE NEWS

令和2年度関西学生卓球秋季リーグ戦 (2020年9月4日)

9月4日から6日に行われた、関西学生卓球秋季リーグ戦で卓球部男子は4勝1敗でリーグ優勝した。

開幕戦となった関学大との試合、1番手・久世(生命1)がフルセットの末勝利。2番手・亀田(商3)は序盤、相手の攻撃に手が出ず2セットを取られてしまう。3セット目も押されていた時にベンチがタイムアウトを要求「ここで開き直ることができた」(亀田)と相手のミスを皮切りに得点を重ね3セット目を取る。一度傾いた流れを亀田は逃すことなく残り2セットを奪い、大逆転勝利。チームも白星をあげ順調な滑り出しを見せた。

相手のサーブを打ち返す亀田


ここで連勝し流れに乗りたい同志社。しかし、次の近大戦はミスが連発し敗北。昨年2部から上がってきた相手に足元をすくわれる形で初日を終えた。


二日目は昨年王者、関大と対戦。1番手・近藤(文情2)がストレート負けをきっするも、2番手・久世が相手エースを圧倒し勝利を納める。その後、3番手・亀田、4番手・永田(経3)がストレートで試合を決めて勝利をつかんだ。


そして迎えた最終日、勝てば優勝が決まる一戦。今大会好調の亀田が1番手で出場するも相手エースにおしくも敗北。2番手・石脇(商3)は「調子はよくなかったけど、優勝したいという気持ちがあった」(石脇)とフルセットデュースの試合をものにしチームに流れを作り出した。その後、2-2となり、試合の行方はエース永田に託された。「いつも通りやれば勝てる」(永田)と落ち着きながら得点を重ねてストレート勝利。エースの手でリーグ優勝をつかみとった。

ガッツポーズをする永田


今大会を振り返り主将の矢野(文情4)は「どれもいい試合だった」「後輩たちに感謝」(矢野)と今大会躍動した六人の後輩たちに感謝を伝えた。回りを見てチームをまとめあげた4年生、勢いをある1年生、それに感化されさらにレベルアップした2、3年生全員でつかんだ優勝だ。長年の悲願を達成した同志社。この経験をいかし来年以降も勝ち続け強い同志社を作っていってもらいたい。

【杉山友基】

優勝後の記念撮影


◎結果

対関学大 ○4-1

1.○久世3-2

2.○亀田3-2

3.●石脇2-3

4.○永田3-2

5.○竹村3-1


対近大 ●2-3

1.○竹村3-1

2.●永田1-3

3.○亀田3-0

4.●久世0-3

5.●石脇0-3


対関大 ○3-2

1.●近藤0-3

2.○久世3-1

3.○亀田3-0

4.○永田3-0

5.●竹村2-3


対立命大 ○3-2

1.●亀田1-3

2.○石脇3-2

3.○久世3-1

4.●竹村1-3

5.○永田3-0


◎リーグ成績

4勝1敗(大経法大が辞退したことによる不戦勝を含む)


同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について