同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 最後の個人戦、有言実行の4強入り!!:テニス部
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
田辺での最終戦を完勝で終える
一部昇格決定!
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
最後の個人戦、有言実行の4強入り!!:テニス部
2017/09/01 HEAD LINE NEWS

関西学生テニス選手権大会 (2017年8月26日)

821日~26日まで靭テニスセンター(大阪府)にて行われた関西学生テニス選手権大会、男子シングルスにおいて、飯島啓斗主将(スポ4)が自信初の4強入りを果たした。

 

ベスト16入りの常連でありながら、なかなかその先に進むことが出来なかった飯島主将。3月の関西学生新進テニストーナメントではベスト8入りを果たすも、その後の春関ではベスト16に終わっていた。8月のインカレでは、良いプレーをみせるも1回戦敗退。最後のインカレは悔しさが残った。不完全燃焼だったインカレから約半月、最後の個人戦がやってきた。

 


ガッツポーズをつくる飯島



3回戦の相手は神院大の福本。前日に、福永(スポ1)をフルセットのタイブレークの末破った、競り合いに強い選手だ。第1セットを順調に先取するも、第2セットはうまく流れに乗れず落としてしまい、勝負はファイナルセットへともつれ込んだ。「シングルスの終わりが見えかけた。でも、最後の個人戦負けられないし、もっと上に行きたいと思った」勝ちたいという強い思いが勝利の女神を微笑ませた。苦しい試合となったが耐えて4回戦へとコマを進めた。

 


力強いストロークを放つ



4回戦は西岡(近大)と対戦し、ストレート勝利でベスト8入りを果たした。だが、スコア以上に厳しく難しい試合となった。「長い試合になると予想できて、最初は緊張もあった」。第1セットでは両者サービスゲームをキープする膠着状態の中で、第8ゲーム長いデュースの末に、先にブレイクに成功。G5-3にするもすぐにブレイクバックされG5-4に。しかし勝負の第10ゲームでブレイクバックに成功し、G6-4で第1セットを先取した。第2セットもG4-2から4-4に追いつかれるなど、苦しむ場面も見られた。しかし、流れが相手に移ろうかというときも完全に渡しきることなく第2セットもG6-4で飯島がとりゲームセット。新進ぶり2度目のベスト8入りを果たした。「最後は楽しんでやれた。結果的に、大事なところで勝てた」。試合前にも、「楽しんで結果がついてこれば」と語っていたがその通りの結果に。



高身長ならではの早いサーブからエースを狙う



初の準決勝進出を懸けて臨んだ準々決勝。第2シードを2回戦で破った勢いをそのままにノーシードから勝ち上がってきた石川(神院大)。「チャレンジャーのつもりで相手は来ると思う。あまり気にせず自分のプレーをしたい」と平常心で試合に臨んだ。第1ゲームからデュースになり、隣のコートで行われていた試合の2分の1のスピードになるほどに競り合いとなった。第1セット、G3-3まではブレイクし合う展開となったが、G3-3から飯島が第8シードの実力を見せギアチェンジ、第1セットを先取する。第2セットも勢いをそのままに飯島がG5-2とリードしベスト4へあと1ゲームとする。しかし、相手もここまで勝ち上がってきた意地を見せG5-4と追いつかれてしまう。嫌な空気が漂う中で、第10ゲーム、飯島がしっかりとキープに成功。チャレンジャーをかわして、初の準決勝進出を果たした。



ポイントが決まりガッツポーズをみせる



ついにたどり着いた準決勝の舞台。相手は、春関王者の松本(近大)。「自分からミスをしないでおこう」と王者へ挑戦を挑んだ。第1セット、相手の調子が良く、逆に飯島にミスが出てしまいいきなりブレイクを許してしまう。「守りに入りすぎた」と第1セットをG1-6で落とす。後がなくなった第2セット。「しぶとくいけたかな」と相手にもダブルフォルト等のミスが見られるようになってきたところでG2-0とリードし、4年生の意地を見せた。G3-2で迎えた第5ゲーム。「いい感じだったけどもったいないミスをしてしまった」6回のデュースの末にブレイクを許してしまう。結果的に、好機でのボレーのミスなどが響いてストレート負け。ベスト4で大会を終えることとなった。

 


最後まであきらめずにボールを追った



「インカレの悔しさを晴らせた。嬉しいけど、ここまで来たら最後までいきたかった」と大会を振り返った飯島主将。第1シードが欠場、第2シードが2回戦敗退等、番狂わせの多い大会となった。シード選手が続々シードダウンしていく中で、シードを守り4強入りを果たした。最近2年間、関西学生の個人戦での戦績はシングルスではベスト16以下はない。その安定感はその実力をはっきりと証明している。だが、それで満足することはなく、上に行きたいという強い思いが、番狂わせの流れを受けることなく、彼を準決勝の舞台へと引き上げた。

 


昨年のリーグ戦の飯島。今年も沢山のガッツポーズが見れるか。



「記録よりも記憶ではなく記録と記憶に残したい」と語っていた飯島。自己最高成績の「記録」はもちろん、彼のプレーも多くの人の「記憶」に残っただろう。有言実行、輝きを見せた個人戦。残るは、9月3日から開幕する関西大学対抗テニスリーグ戦だ。ダブルス・シングルス共に1番手での出場が予想される。王座へ一歩届かず、悔しい結果となった昨年のリーグ戦から1年の時を経た。最高の夏へ――完全燃焼するのみだ。(山口佳菜子)

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について