同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 1勝2敗で後半戦へ:テニス部
第42回関西学生春季室内選...
第42回関西学生春季室内選...
つかんだ最高の結果!
全カレで5人が入賞!
'19秋の展望「...
2019年度秋季リーグ開幕...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2019年9月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
1勝2敗で後半戦へ:テニス部
2019/09/08 HEAD LINE NEWS

関西大学対抗テニスリーグ戦1部リーグ男子 (2019年9月5日)

91日から江坂テニスセンター(大阪府)にて行われている関西大学対抗テニスリーグ戦男子1部リーグ。91日に関大、93日に近大、95日に立命大と対戦。関大と近大に1-8で敗れたが、立命大に6-3で勝利し、12敗の成績でリーグ後半戦に望みを繋げた。


円陣を組み試合に臨む選手たち


近大戦でD1として出場した三上(法2)・鈴木(法1)ペアが夏関優勝ペアである西岡・恒松ペアにG4-6,7-5,6-3で勝利した。名古屋高校出身の彼らは高校時代にダブルスを組んでおり、息ぴったりのプレーを見せる。

鈴木の持ち味であるボレーで相手を翻弄(ほんろう)。ダブル前衛で畳み掛けるプレースタイルで第3ゲームでは主導権を握り、次期エースペアとして大きな1勝を挙げた。結果、1-8で敗れたが、昨年の関西リーグ王者に一矢報いた。


ポイントを決めて吠える三上(法2)・鈴木(法1)


対立命大戦ではS6での出場となった岩田(法1)が一年生ながら圧巻のプレーを見せる。高い打点からのサーブでサービスエースを連発する。また、左右に振り分けるラリーで相手を寄せ付けずG6-2,6-1で圧勝。「一年生と思えないくらい試合中は冷静」と主将・折井(法4)も太鼓判を押す。1年生が掴み取った勝利が同期へ、先輩へ繋げる1勝となる。


ガッツポーズする岩田(法1)


4年生で最後のリーグ戦となる今井(心理4)も一年生に負けじと4時間の試合を繰り広げた。

ファーストセット、お互いキープが続く中第10ゲーム、12ゲームとブレイクする。諦めない気持ちがG7-5となった。セカンドセットは相手のリズムを崩すことができず、G3-6と奪取される。迎えたファイナルセットでは11打大切に打ち返し相手のミスを誘う。また、1ポイント獲得ごとに応援にも力が入る。湧き上がる声援が今井を後押し。サードセットをG6-2とし、4年生としての意地を見せる試合となった。


声援に応える今井(心理4)


昨年に続き、関西2強である近大関大が紫の戦士の前に立ちはだかった。結果を見ると18敗で完敗。しかし、立命大戦では「チーム的にはいい雰囲気で立命戦に臨めた。6月に行われた同立戦では2-7で敗北したが、リーグ戦ではチーム力の差が勝利に繋がったと思う」(折井)。思いを一つに。残り2戦もチーム全員で戦う。【和田尚人】

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について