同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 投打かみ合い、4勝目!:軟式野球部
2018年度 関西大学バレ...
関西学生バスケットボールリーグ戦
今までで一番の夏をーーー
'18夏の展望「...
月1座談会 第5弾「縁の下...
課題見えた全日本ダート
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2018年8月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
投打かみ合い、4勝目!:軟式野球部
2018/04/16 HEAD LINE NEWS
甲南大000000100-----1
同志社20100020×-----5

関西六大学軟式野球春季リーグ戦 (2018年4月16日)

4月16日、寝屋川第1野球場で行われた関西六大学軟式野球春季リーグ戦、第5戦。甲南大相手に、5-1で勝利した。リーグ前半戦を終え、途中成績を4勝1敗とした。


初回から同志社が主導権を握った。先頭打者樫尾(経3)がレフト前ヒット、山本(スポ3)がバントヒットで出塁すると、相手バッテリー間のミスにより先制点を挙げた。なおも続く1死三塁のチャンスで、迎えるは4番・松本(商3)。頼れる主砲のバットは今日も火を吹いた。「どんな形でもいいから点をあげるバッティングをしようと心がけた(松本)」打球はレフトの頭を越え、3塁ランナーが生還。打った松本は2塁に到達し笑顔を見せた。チームを勢い付ける一打となった。



今リーグ好調が続く松本



「追加点が欲しい場面だった。(和田・経3)」3回の攻撃、2死二塁で打席に立った和田の一振りは、ボールの芯を捉えた。左中間を切り裂くフェンス直撃のタイムリースリーベースで1点を追加した。


7回には、二塁打で出塁した森川(文2)が、代打中妻(商3)の叩きつけた打球の間にホームイン。続く山本はサード強襲の当たりで相手のエラーを誘い、この回さらに2点を追加した。



タイムリーを放った和田



先発のマウンドを任されたのは田川(商3)だ。「守備でリズムを作って攻撃に繋げるのが、このチームのセオリー。(田川)」テンポの良い投球で5回までを投げ、零封。打たれたヒットもわずかに2本と、その役目を見事に果たした。



5回無失点の好投をみせた田川



6回、代わった投手は今リーグ初登板となった岩井(文情3)。連打で1点を許すも、その後は粘りの投球で最小失点に抑えた。8回からは木崎(商2)の緩急あるピッチングで相手打線を黙らせ、試合終了。継投リレーでリードをしっかりと守り切った。



今リーグ初登板の岩井



目立ったミスもなく、終始同志社ペースで試合を進めた。春季リーグ前半戦を終えた同志社ナインは、試合を重ねるごとに確実に成長している。明日に控えるは、立命大との一戦だ。全国大会へ進出するためには必ず越えなければいけない大事な山場である。「成長した後の僕らなら負けない。(主将・松井)」先日の同立戦は、見事完封勝利を果たした。もう一度宿敵に白星をあげ、同志社の強さを見せつける。その実力は、十分にある。(犬飼 静香)

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について