同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 宿敵から2勝目を奪う:軟式野球部
第91回日本学生氷上競技選...
第91回日本学生氷上競技選...
8連覇達成!
悔しさ晴らし、次なる舞台へ
チームのために出来ること
'18秋の展望「...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2018年12月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
宿敵から2勝目を奪う:軟式野球部
2018/09/20 HEAD LINE NEWS
立命大000000000-----0
同志社20000010×-----3

関西六大学軟式野球秋季リーグ戦 (2018年9月19日)

9月19日に寝屋川公園第1野球場(大阪府)にて行われた関西六大学軟式野球秋季リーグ戦。第7戦、立命大との対戦は3-0で同志社が勝利した。リーグ戦通算成績は7戦7勝となり、同志社は11月5日から熊本県で開催される西日本大会への出場を決めた。


同志社は初回、先発の田川(商3)の好投と森川(文2)のけん制により立命大の攻撃を3人で終わらせた。その裏、1番・松井(商3)は初球を捉える。「同立戦を前に、緊張している選手も多かった。(松井)」チームを鼓舞するセンターへのヒットを放った。勢いづいた同志社は5番・井関(スポ3)、6番・樫尾(経3)の連打でこの回2点を先制した。「先制点を取って流れを。(井関)」今リーグ戦では課題に立ち上がりを挙げていた中、大一番で初回にリードし優位に立った。



初球からヒットを放ちチームを勢いづける松井



その後は春季リーグで最優秀選手に選出された立命大の美馬と同志社エース田川の両校譲らない投球が続いた。「苦しい場面も見られたが、要所で踏ん張れた。守備とベンチが一体となり、リズムよく相手の攻撃を切っていった。(田川)」攻守は次々と入れ替わり、両校のスコアボードにゼロが並ぶ。



完投勝利を収めた田川



7回裏、四球で出塁した森川がけん制球の暴投で一気に三塁まで進んだ。チャンスを迎えた同志社のバッターは松井。先に2ストライクを奪われ、追い込まれた。そこからファウルで粘り、叩きつけた打球でランナーが生還。貴重な1点を追加した。


9回表、立命大の攻撃を三者凡退に抑え試合終了。3-0で同志社が勝利し、西日本大会への出場権を得た。



ヒットに盛り上がる同志社



宿敵に2勝した同志社の勢いは加速するばかりだ。残る3戦も全戦全勝を誓う。(阿辻ちはる)

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について