同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 沖縄大を撃破‼大差をつけて準決勝に進出:軟式野球部
第42回関西学生春季室内選...
第42回関西学生春季室内選...
悔しさ滲む、まさかの敗北
笹尾組 涙のVで1部残留
第1回 時國隼輔
'19秋の展望「...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2019年12月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
沖縄大を撃破‼大差をつけて準決勝に進出:軟式野球部
2019/11/14 HEAD LINE NEWS
沖縄大000020000-----2
同志社00200240×-----8

第36回西日本大学軟式野球選手権大会 (2019年11月14日)

11月14日に寝屋川公園第一野球場で第36回西日本大学軟式野球選手権大会準々決勝が行われた。同志社は沖縄大を相手に8-2で勝利を収め、明日行われる準決勝へと駒を進めた。


リーグ戦で慣れ親しんだ球場での対戦。そのおかげか、選手たちに緊張の様子はなかった。先発を務めたのは坂東(社会1)。落ち着いた様子でマウンドに上がり、好調な立ち上がりをみせた。


堂々のピッチングを見せた


3回裏、同志社の攻撃で早くも試合が動いた。きり良く打順は1番・太田(法3)。軽々とレフトへのヒットで出塁すると自慢の俊足で塁を進め、無死三塁へ。続く打者は今大会から復帰した主将・平井(商3)。「上位打線を打たせてもらってるのに結果を出せてなくて責任を感じていた。絶対に何とかするという気持ちで打席に入った」。平井の熱い想いはバットに伝わり、ライトへのタイムリーをもたらした。続く片桐(法1)のヒット、天内(法3)の犠牲フライで2点目を追加。理想とする攻撃の形で先制に成功した。


復活を遂げた平井


2点リードで迎えた5回表、試合は予期せぬ展開へ。左中間へのヒットで出塁を許し2死一塁。1番打者にレフト方向へツーランホームランを浴びる。一瞬で同点へ追いつかれ、試合は振り出しへと戻された。


6回表、「気合いを入れ直した」という坂東が見事な切り替えを見せ上位打線を3人で抑えた。その裏、打順は前戦でホームランを放った木崎(商3)。ゲン担ぎとして前戦の朝に食べたヨーグルトとモンスターを今朝も食べたきたという。その効果は絶大。ツーベースヒットで出塁し、続く星野の叩きつける打球の間にホームに生還。勝ち越しに成功した。


好調の木崎

「ピッチャー含めて野手全員、迷いなく振り切れている。なのでどの打順でも次に繋がると思う」。平井は自信を持ってチームの現状を語る。言葉の通り、7回裏に一挙4点を奪い力の差を見せつけた。前戦に引き続き、8-2と大差をつけて準決勝進出を決めた。



歓喜に沸くベンチ


順調にベスト4まで勝ち上がった同志社だが、投手陣に不安が募る。連戦での投球からくる疲労を野手がいかにサポートできるかが優勝へのカギとなるだろう。「自分がピッチャーで声をかけてもらってた分、返していきたい」(木崎)。「野手陣がしっかり守ってやれば必ず勝てる」(平井)。同志社ナインの心を1つに、西日本優勝のリベンジ の誓う。(軟式野球班)






同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について