同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 継投策で2勝目:軟式野球部
第46回西日本フィギュアス...
第46回西日本フィギュアス...
昨秋王者に2連敗
黒星発進
'20ルーキー特...
ムードメーカー特集 陸上ホ...
ラグビー特集号
'16秋季リーグ報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2020年9月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
継投策で2勝目:軟式野球部
2020/09/03 HEAD LINE NEWS
同志社大100014001
大阪市大000000001

関西六大学軟式野球秋季リーグ (2020年9月3日)

9月3日に万博記念公園野球場で行われた、関西六大学軟式野球秋季リーグ第二戦。同志社は大阪市立大学相手に7対2で勝利した。


前半は坂東(社2)のピッチングが光った。「ひさびさの試合なのでとにかくテンポよく投げようと思った」と初回を七球で終わらすと、二回、三回と続けて三者凡退で抑えた。四回にはピンチを迎えても動じることなくアウトを取り続ける。相手に流れを渡さないまま前半を終えた。

先発・坂東

初回、五回と点を取っている同志社だが相手投手に思うような打撃をさせてもらえず苦しい展開となっていた。グラウンド整備の間に主将の丸井(政策3)は「相手に合わせずに自分の間合いで打つように」と指示を送る。すると六回、先頭の星野(経2)が安打を放つと相手のミスなどで二点を追加、なおも二塁とチャンスの場面で打撃好調の川邊(政策3)「前の打席チャンスで凡退したので次は打って板東を楽にしてやろうと思った」と低めのスライダーを完璧に捉え二試合連続となるホームランを放ち、リードを六点とした。

二試合連続となる本塁打を放った川邊

その直後、板東は死球とワイルドピッチで一点を失うも後続を抑え、六回1失点被安打2。失点こそ許したものの最後まで相手打線を寄せ付けない投球を見せた。

その後は、北澤(政策2)、丸井の両投手が三回投げ1失点。結果7対2で同志社の勝利これでリーグ2連勝となった。

後を託された北澤

試合を振り返り丸井は「序盤の攻撃の入りや、サインプレーなどが上手くいかなかった」と反省点を口にした。次の相手は宿敵・立命館。リーグ優勝のために決して負けることのできない相手だ。今回の反省点を生かして万全な状態で次の試合にチーム一丸で挑む。(文責:杉山友基、撮影:江川なつき)


同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について