同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 大量得点で快勝!:軟式野球部
第46回西日本フィギュアス...
第46回西日本フィギュアス...
昨秋王者に2連敗
黒星発進
'20ルーキー特...
ムードメーカー特集 陸上ホ...
ラグビー特集号
'16秋季リーグ報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2020年9月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
大量得点で快勝!:軟式野球部
2020/09/14 HEAD LINE NEWS
同志社50302
甲南大00000

関西六大学軟式野球秋季リーグ (2020年9月14日)

9月14日に万博記念公園野球場(大阪府)で行われた関西六大学軟式野球秋季リーグ第4戦。甲南大との試合で10対0で5回コールド勝ちを納めた。

初回、先頭・片桐(法2)の安打を放つと、「積極的に動こうと思って走った」(片桐)と二番・丸井(政策3)の初球に盗塁を決めチャンスメイク。打撃好況のリードオフマンが足でもチームに貢献する。その後1死満塁とし、五番・木崎(商4)のエンタイトルツーベースで二点を取るとその後は相手のミスを逃さずに攻め、5点を取る。その裏、先発・坂東(社2)が立ち上がりこそ制球が乱れピンチを作るもクリーンナップを抑え無失点。エースの投球で流れを完全につかんだ。

好調の片桐


三回には、2死二、三塁から片桐、丸井の連打で3点を追加、点差が開いたこともありこの回から積極的に選手交代を行い多くの選手がグラウンドに立つことになった。

強振する丸井


その中でも活躍を見せたのは野手転向し、今日が初打席となった松井(法3)。「今までやってきた練習が報われた感じがした」(松井)と振り抜いた打球が一、二塁間を抜けるヒットを放つ。その後は相手のミスの間に2点を取り、裏を宮城(経2)が抑え試合終了。投打がかみ合いコールドゲームで試合を終えた。

リーグ戦初安打を放った松井


試合終了後、主将・丸井は「チーム全体で強く低い打球を意識していけたのがこの結果につながった」(丸井)と振り返った。今週は3試合あり厳しい戦いが予測される。投手陣の疲労が懸念されるなかで、打撃陣の活躍が今後のカギを握りそうだ。(文責:杉山友基 撮影:江川なつき、米澤千種、内藤界)

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について