同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 3連勝で流れをつかむ:軟式野球部
令和3年度関西学生バドミン...
令和3年度関西学生バドミン...
主将セレクション「卓球部男子」
主将セレクション「卓球部女子」
関西シングルス優勝!リーグ...
快勝で幕開け
’21春 新入生歓迎号
ラグビー特集号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2021年4月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
3連勝で流れをつかむ:軟式野球部
2021/04/08 HEAD LINE NEWS
関大000001000-----1
同志社201020000-----5

令和3年度関西六大学軟式野球連盟春季リーグ戦 (2021年4月8日)

4月8日、寝屋川公園第一野球場(大阪府)にて行われた令和3年度関西六大学軟式野球連盟春季リーグ第4戦。同志社は関大相手に5対1で勝利を収めた。


先発は坂東。初回から相手打線を三者凡退に抑え、安定感ある投球を見せる。しかし、6回無死から内野安打を打た同志社のエラーの間に得点を許してしまう。「逆球が多く、ヒットを許してしまった」(星野)。その後は、ピンチを迎えるも冷静に抑え勝ちを導いた。

先発の坂東(社3)


初回からチャンスを掴んだ同志社。1番打者谷(商2)の内野安打で勢いをつけたチームは平井、城(経3)の右安打の間に2点を追加。「自分が何としても出塁してチームの勝ちのために全力で走った。」(谷)。ヘッドスライディングで執念の初得点を決めた。

右安打を決めた平井(商2)


5回には先頭打者谷が見せた。「流れを引き寄せたかった」というあたりはきれいに弧を描き、左本塁打となった。

本塁打を決めた谷(商2)


初回に得点するも、それ以降得点のチャンスを掴むことができなかった同志社。後半は流れを変える一打で追加点を加え、勢いに乗った。折り返しになった今リーグ。課題を克服し、チーム一丸となって戦い抜いて欲しい。(文責・江川なつき、撮影・杉山友基)

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について