同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 確実な成長を見せ、全国ベスト4:日本拳法部
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
確実な成長を見せ、全国ベスト4:日本拳法部
2017/08/15 HEAD LINE NEWS

第30回全国大学選抜選手権大会 (2017年6月18日)

6月18日、東京武道館(東京都)にて行われた第30回全国大学選抜選手権大会。各大学の強い選手5人が選抜され5人制で行われる今大会で、男子団体が全国ベスト4という快挙を成し遂げた。



今年4月に行われた西日本大会で予選リーグ敗退に終わった男子団体。この悔しさを晴らすため、今大会から個人として勝つのではなく、チームとして勝つことを意識して練習に励んできた。「はじめは緊張していて動きが堅かった(梅垣主将・文情4)」と話していたが、初戦の国士舘大戦、四天王寺大戦、流科大戦を勝ち抜き、快勝で準々決勝まで駒を進めた。



攻撃を加える梅垣



準々決勝の相手は関学大だ。先峰・梅垣、次峰・平(文情2)が勝ち、2-0。中堅・西川(商4)が先に2本目を奪われ2-1となった。次で1点を追加したい同志社。副将は蹴りを得意とする和島(理工4)だ。「調子は絶好調」と語る和島は、谷(関学大)に一本を取られるも得意の胴蹴りで2本を奪い勝利。この時点で3-1となり、同志社は関学大を倒し準決勝進出をきめた。



ガッツポーズを見せる平


準優勝進出を決め喜び抱き合う松本(左)、和島



準決勝の相手は、関西の強豪校・関大。しかし同志社の選手たちの勢いは止まらない。先峰・西川が引き分けに終わり、続く次峰・和島が2-0で勝利。さらに中堅・仙田(経4)が面突き1本を奪い1-0で勝利した。副将、大将戦では惜しくも負けてしまい、2勝2敗1分で試合は代表戦にもつれ込んだ。代表戦には和島が出場。関大の赤堀に面突き1本を奪われるも、胴回し蹴りで1本を返す。しかし2本目の面突きを奪われ、惜しくも決勝進出とはならなかった。「試合には負けてしまったが、実力さはそんなにない。これから勝ちにいく気持ち、前にでる気持ち、あと少しの技術の向上で勝てる試合だと思う。(梅垣)」と確実な成長を見せていた。



相手の隙を狙う和島



3位決定戦の相手は王者・明大。同志社は粘りを見せるが、王者相手に1本が決まらない。「めっちゃ強くて隙がなかった。王者の風格があった。(和島)」と5-0で完敗。「強いチームから盗んでいけるところもあるので、今日の動画を見直しながら、これからの課題の修復に使っていきたい。(梅垣)」と、次の試合に向けて新たな課題を見つけた試合となった。


面蹴りを奪う村田(スポ4)


全国ベスト4となった同志社。次にある団体戦は集大成となる全日本大会だ。目標はもちろん日本一。成長中の男子団体にさらに磨きをかけ、チーム一丸となって全国優勝を成し遂げてほしい。(松原美月)

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について