同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 佐竹本戦への出場権獲得!!:日本拳法部
第91回日本学生氷上競技選...
第91回日本学生氷上競技選...
立命大に快勝し、秋リーグ準優勝!
入賞者おらず、苦しい結果に
'18秋の展望「...
'18秋の展望「...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2018年11月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
佐竹本戦への出場権獲得!!:日本拳法部
2018/08/18 HEAD LINE NEWS

日本拳法総合個人選手権予選会 (2018年8月12日)

8月12日に大阪市中央体育館にて行われた日本拳法総合個人選手権予選会が行われた。同志社からは巴山(法4)、原(経3)、佐竹(経3)が出場した。本戦出場の切符は各ブロックごとの優勝、準優勝者に与えられる。


最初に登場したのは巴山。1回戦の序盤、けん制し合い両者に決定打が生まれなかった。就活で満足に練習を行えず体力に不安があった巴山だったが集中力を切らさなかった。終盤に相手の隙をつき胴蹴りを決めると、さらに押さえ込み面突きを決め勝利した。2回戦も拮抗した試合展開となった。懸命に攻めるも、相手の押さえ込み胴蹴りが決勝打となり敗退となった。


果敢に攻める巴山


続いて登場したのは原。相手が格上なことから「組んではいけない」と意識して臨んだ1回戦。追い込まれる場面をうまくかわし1-1とし結果は判定に委ねられた。緊迫した空気のなか、判定は2-1。原の勝利が決まった。2回戦、相手の素早い動きに対応できず面突きを決めらると、反撃の糸口をつかむことができず0-1で悔しい2回戦敗退となった。


組み合う原


最後に佐竹が2回戦から出場した。序盤は相手の動きに翻弄され決定打が出せなかった。しかし後半に実力を発揮しストレートで勝利を決めた。3回戦の相手は、佐竹が高校時代から知る格上の宮本(茨木市日本拳法連盟)だった。この1戦で佐竹は覚醒。1本を先取され、「(宮本が)強すぎて楽しくなった」と西日本からくすぶっていた気持ちが吹っ切れた。自分のやりたい拳法をやろうと夢中で挑み2連取し勝利を収めた。この時点で本戦への出場権を獲得。決勝戦は、開始早々に2連取されストレートで勝負を決められた。「3回戦の興奮した気持ちのままで臨んでしまった」と振り返った。


押さえ込み面突きで1本取った佐竹


9月16日に行われる日本拳法総合個人選手権。本戦への出場を決めた佐竹はすでに来年を視野に入れている。「自分たちの代で全国制覇したい」。目標を達成するためには、自身が上位に食い込まなければならない。今回の予選では完全勝利とはいかず決勝戦で悔しい結果に終わった。しかしこの敗戦も前向きにとらえている。小柄で体格に恵まれないからこそ、佐竹は相手を知り分析し考えて攻撃することを強みとしている。負けたからこそ自身の拳法を見つめなおし本戦への準備ができる。強みを生かし本戦で勝利を手繰り寄せる。(平野紗有里)


本戦への出場権を獲得した


【試合結果】

巴山 2回戦敗退

原 2回戦敗退

佐竹 準優勝

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について