同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > リーグ戦2勝目!龍大に圧勝:アイスホッケー部
関西学生ラクロスリーグ戦・女子
確実な成長を見せ、全国ベスト4
全国に繋がる西日本V
'17ルーキー特...
´17ルーキー特集「スキー部」
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年8月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
リーグ戦2勝目!龍大に圧勝:アイスホッケー部
2017/05/12 HEAD LINE NEWS

第9回関西CUP (2017年5月6日)

5月6日に関西大学アイスアリーナ(大阪府)で行われた第9回関西CUP予選リーグ対龍大戦。同志社は13-0と圧勝し、リーグ戦2勝目を飾った。

 

試合前、気合を入れる選手たち

 

 

第1ピリオド。フェイスオフの合図と同時に攻撃中心のプレーを見せるも、なかなか先制点が生まれない。「気持ちの余裕かよくない時間が流れてしまった。」と成瀬(スポ4)。そんな中、開始4分25秒、成瀬からアシストを受けた林(文情3)が待望の先制点を奪った。流れを掴んだ同志社は、三浦(スポ3)、尾崎(法2)が続けてゴールし、4-0で20分間を終える。

 

続く第2ピリオド。このまま追加点を奪いたい場面でゴールを決めたのはキャプテン・松永(商4)だった。「あのコースは僕自身いつも練習しているので成果が出た」と松永。山内(商2)・黒須(社1)・成瀬が続けてゴールを決め、主導権は同志社のものとなった。このピリオドも4点を奪い、リードを広げ8-0で最終ピリオドを迎える。
 

第3ピリオド。開始10分間は攻め続けるもなかなか点数に結びつかないシュートが続いた。大差で勝っているが、このままでは終わりたくない。みんなの気持ちが一つになり流れが変わった。今試合3得点目を決めた成瀬、その26秒後、尾崎も3得点目を入れ、そして三浦・鶴見(商3)・山内が続いた。最後までゴールを奪い続け、最終ピリオドにも関わらず、5点追加。13-0で勝利した。

 


 

ゴールに向かい攻める松永

 

ゴールを決めガッツポーズをする山内

 

 

「ほとんどの得点が練習通りの流れで入っていたと思う。」(松永)関学戦に続き、今試合も練習通りのパス、アシスト、シュートという流れが何度もあった。日々の成果が試合でも確実に発揮しているように見える。次戦は、とうとう王者関大との対戦だ。昨年、勝利が期待されながらも敗北を喫した同志社。簡単に勝てる試合にはならないだろう。しかし、「いつも通り走って、当たって、声出してシュートを打っていけば勝てると思う」(松永)、「新チームで作り上げてきたチーム力で戦えば去年より大きなチャンスはあると思うからみんなで一致団結して臨みたい」(成瀬)と意気込み十分だ。このまま流れに乗って、去年の雪辱を晴らすことは出来るのか。予選リーグ1番の大舞台を見逃すな。(岩本紘奈)

 

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について