同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 王者相手に黒星スタート:アイスホッケー部
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
王者相手に黒星スタート:アイスホッケー部
2017/09/26 HEAD LINE NEWS

第64回関西学生アイスホッケーリーグ戦 (2017年9月21日)

9月21日に関西大学たかつきアイスアリーナ(大阪府)で行われた第64回関西学生アイスホッケーリーグ戦。関大と対戦した同志社は第2ピリオドに17尾崎(法2)がゴールを奪うも1-5で敗北。初戦を黒星でスタートした。

 

第1ピリオド。フェイスオフ直後から王者の勢いに押される展開が続くが、選手一人一人が体を張ったプレーで守りをみせる。ゲームの展開はなかなか動かず、このまま無失点で第1ピリオドを終えると思われた矢先、残り2分27秒で先制点を許してしまった。

 

第2ピリオド。何としても追いつきたい同志社は、パワープレー(数的有利)のチャンスが何度か訪れるものの、ものにできない。そんな中、12分21秒。17尾崎(法2)がゴールを決めた。歓声に湧くベンチ。誰しもが、関西CUP決勝の大接戦を脳裏に描いた。しかし、王者の壁はやはり高かった。2P残り五分間で立て続けに失点。「ピリオドごとの前半、後半5分で失点しない事を重視して臨んだが達成できずに悔しい」と尾崎。1-3で2Pを終えた。

 

 

ゴールを決めた尾崎

 

 


パックを見つめる黒須(社1)

 

 

第3ピリオド。後がなく、攻撃を何度も試みるが、追加点を阻止することしか出来ない。キルプレー(数的不利)の状況も生まれるが、耐えしのいだ。「守りで我慢する時間が多かったが、思った以上に我慢できていた」と松永(商4)。しかし、パックの行方は一瞬見失うと命取りになる。隙が生まれ2点追加され、1―5で敗北を喫した。


 

第3ピリオドの様子

 


シュート数でも大きな差が生まれた今試合。惜しい場面は何度か訪れたが決定力に欠けた。しかし、リーグ初戦で自分たちの改善点を知ることが出来た試合でもある。そして、この悔しさがチーム全体の土台になるに違いない。これから試合が続くが、「とにかく勝ちにこだわりたい」と成瀬(スポ4)。夏でレベルアップした彼らの戦いはまだ始まったばかりだ。(岩本紘奈)

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について