同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 関学大相手に大量得点:アイスホッケー部
第42回関西学生春季室内選...
第42回関西学生春季室内選...
悔しさ滲む、まさかの敗北
笹尾組 涙のVで1部残留
第1回 時國隼輔
'19秋の展望「...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2019年12月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
関学大相手に大量得点:アイスホッケー部
2019/11/13 HEAD LINE NEWS

第66回関西学生アイスホッケーリーグ戦プレーオフ (2019年11月9日)

119日、66回関西学生アイスホッケーリーグ戦プレーオフ第2戦が尼崎スポーツの森(兵庫県)で行われた。「一つ一つの試合でやる事は一緒。自分たちがベストパフォーマンスを発揮する事だけを考えていました。(飛田・スポ3)結果、7-1と関学大を相手に大勝を挙げ、前戦の敗北からしっかりと立て直し同志社らしいホッケーを繰り広げた。


果敢に攻め込む24飛田 


唯一である1点の失点は第1ピリオド(1P)開始4分の時だった。同志社が敵陣へ攻め込む場面でパックを奪われてしまい、DFが整わないままNゾーン(自陣)へ独走されゴール。先制点を許してしまう。(0-1)流れを掴み戻したい同志社は、失点後すぐ、相手のペナルティにより訪れたパワープレー(数的有利)時はもちろん、得点を挙げたいという一心でパックを追い猛攻を続けた。同9分、その気持ちが実を結ぶ。Aゾーン(敵陣)ゴール前フェイスオフ後、G40前田(スポ1)A29菊池(2)がついに同点となる1得点目を決めた。この得点から、試合は終始同志社優勢のまま展開。同11分、18分にも追加点を決め、1P3-1で終えた。


敵陣ゴール前での猛攻 


2ピリオド(2P)、序盤から両校共にペナルティが目立ち、同3分には3:4と危機的なキルプレー(数的不利)の状況に陥る場面も。GK35清島(3)の好セーブも目立ち、更なる失点は許さずその場面を乗り切った。1Pの流れをそのままキープし、沢山の連携プレーを魅せた同志社。2Pには3点を、更に第3ピリオドにも新たに1点追加し、最終スコア7-1で試合終了。


G7福井の得点後、喜ぶ選手たち 


「前回と同じセットメンバーでプレーし、自分がすべき事を無意識にしっかりとできたことが大きかったです。」今試合3得点を決めた前田は自身の大量得点を振り返った。

 

関学大戦を終え、プレーオフも残すはあと1試合。相手は強敵関大だ。

この流れと勢いを武器に、必ず勝利を掴んでみせる。

 

 

マネージャー・末廣明日香

―最終戦を目前に選手への思い

今、ちょうど怪我人が誰もいない状態で、怪我の面においてチームとして良い状態にあると思うので一番はこのまま怪我がないように最終戦に挑んで欲しいです!

 

―注目選手

#19永井

やはり、プレーも安定しているし誰とでも合わせられる選手だと思うので最終戦も得点を期待しています。

あとは、同期(4年生)のみんなの活躍を期待しています!


【文責・平岡実彩、撮影・川中真那】

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について