同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 団体1位で第一走行通過:馬術部
第42回関西学生春季室内選...
第42回関西学生春季室内選...
優勝ならずも全日本で健闘
PK戦にもつれ込み惜敗[サ...
'19秋の展望「...
'19秋の展望「...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2019年11月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
団体1位で第一走行通過:馬術部
2019/11/02 HEAD LINE NEWS

第69回 全日本学生賞典障害馬術競技大会 (2019年11月2日)

11月2日第69回全日本学生賞典障害馬術競技大会が三木ホ-スランドパークにて開催された。本日行われたのは第一走行。同志社は団体1位で通過した。


先陣を切ったのは田中蒼・BIZザミーラ。「もったいなかった」と3番と7番の水郷で障害を落とした。連続で高い障害が迫りくる今大会。高難易度である全国大会のコースに苦戦を強いられることとなった。明日の第2走行に「下2人の気持ちを支えてあげられるような走行をしたい」と気持ちを新たにした。


リベンジを誓う田中蒼・BIZザミーラ


高橋・スフィーダは2番手で出場した。夏学では1つ減点をもらってしまったが、今回は減点0で完走した。「コントロールが追いつかない」と判断し、スピードを落としたことが功をなした。規定時間ぎりぎりの87.41でのゴールに「一度コースを経験したから次はもっとタイムを縮められると思う」と第2走行への意気込みを露わにした。


減点0で完走した髙橋・スフィーダ


中村・ジペット・ディ・グラルはコースを走ったものの失権扱いとなった。出馬直前に口内に怪我があることが見つかったからだ。記録には残らなかったが、3落で完走。第2走行で今日のミスを生かしたい。「明日は誠意いっぱい自分の出来ることをしたい」と最後の障害馬術に気合を入れ直した。


明日の第二走行に期待がかかる中村・ジペット・ディ・グラル


夏学優勝者として期待が集まる武道・シロッコプラダ。いつも通り「減点少なく行く」ことを意識し第1走行に挑んだ。結果は減点0の満点走行。タイムも74.42と好タイムを記録した。最後の12番障害で馬を制御し切れず1落の危機を迎えていた。だが「向けたら馬が飛んでくれる」とシロッコプラダを信じ見事12番をクリアした。


完璧な走行を見せた武道・シロッコプラダ


全員がこの全学に向け馬の調整を行ってきた。明日行われる第2走行でも1位を取り、全国に同志社馬術部の名を轟かせたい。(中川海太)

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について