同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 課題を見つけた一戦[バレーボール男子]:バレーボール部
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
悲願の関西制覇!
準々決勝進出!
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
課題を見つけた一戦[バレーボール男子]:バレーボール部
2017/04/21 HEAD LINE NEWS

関西学生バレーボール男子春季リーグ (2017年4月16日)

4月16日、近畿大学記念会館(大阪府)にて行われた関西学生バレーボール男子春季リーグ第2節。立命大と対戦し、セットカウント0-3で敗戦した。開幕から2連敗となった。



第1セット、序盤から両者一歩も譲らない状況が続いた。先手を打ったのは同志社だった。原田恵佑(生命3)のブロックで2点連続得点すると、藤谷彰仁(理工2)がスパイクでさらにもう1点。相手も粘るが、稲葉一将(心理3)のスパイクも決まり13-9と点差を広げた。油断していたわけではない。リードを保ちつつ試合を展開するが徐々に差は縮まっていた。迎えた終盤、得点板は同点を示していた。最後は相手のスパイクが決まり23-25で第1セットが終了した。


スパイクを打つ藤谷


サーブを打つ濱田雄人(商3)



続く第2セット、先制点を取られ連続得点を許したが、相手のミスでなんとか持ちこたえた。試合中盤、相手の猛攻撃が始まった。強烈なスパイクが次々コートに放たれた。4点差(11-15)がつき、同志社もなんとか反撃するが、ここで同志社の課題が見えた。スパイクを決めサーブ権がまわってくるが、サーブミスですぐに相手の得点。この流れが3回続いた。最終的に1セットに計6回のサーブミスがあった。開いた差が埋められることはなく、20-25で第2セットが終了した。


左から、ブロックする梅原(心理2)と稲葉



セットカウント0-2で迎えた第3セット。序盤は均衡した試合が続いた。濱田がスパイクを決め、ブロックも決まり3点連続得点(11-9)で差をつけた。相手も黙ってはいない。スパイクを決められると、サービスエースも取られた。さらにミスも重ね、得点差は縮まるどころか、リードを許す形となった(14-19)。終盤は連続得点されることはなく、相手のミスに助けられながら粘りを見せた同志社。しかし結果は、20-25で第3セット終了。セットカウント0-3でまたも黒星となった。


タイムに話し合うメンバー達


課題が見えた一戦だった。「焦りに変わっていました。」1試合に計16本のサーブミス。大事なところで流れに乗り切れない場面が多々あった。


次の試合までにどこまで修正できるかがポイントだ。攻めの姿勢を崩さず、新たな敵に立ち向かう。(於保いちこ 副島和奏)


同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について