同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 腑に落ちない敗北:バレーボール部
第64回関西学生アイスホッ...
笑顔で飾った引退試合
同立戦制せず、手痛い黒星
'17秋の展望「...
'17 秋の展望...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年10月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
腑に落ちない敗北:バレーボール部
2017/05/15 HEAD LINE NEWS

関西学生バレーボール男子春季リーグ 2次リーグ (2017年5月13日)

513日に大阪商業大学にて行われた関西学生バレーボール男子春季リーグ 2次リーグ第2戦。同志社は京産大と対戦し、セットカウント0-3で敗戦した。


初回にスパイクを決められ、追いかける形でゲームがスタートした第1セット。前半、サーブミスやタッチネットなど細かなミスを招き、京産大と徐々に点差が開いていく。点差を縮められず、セットを落としてしまった。


サーブを打とうとしている藤谷彰仁(理工2)


続く第2セット、濱田雄人(商3)が強烈なスパイクを決め、得点を先取。相手のスパイクを拾うがその後が決められない。迎えた5-5、フェイントや速攻攻撃に対応できず、5点連取されてしまった。しかし、スパイクを粘り強く拾い、相手に食らいつく。(6-9)。ここで相手の連携が乱れ、2点差まで迫った。森健太郎(商3)がレシーブを上げ、梅原拓麿(心理2)がスパイクを決め同点の10-10に並んだ。中盤に金光出雲(商2)が絶妙なスパイクを打ち、タッチアウトにした直後だった。近大が20点台に一気に得点を伸ばす。スパイクを打つも、ブロックされてしまう。そのままの巻き返せず19-25で第2セットも落とした。


ブロックをしている稲葉一将(心理3)と梅原


後のない第3セット。しかし、チームは「楽しんでいこう」と選手たちも笑顔でコートに入っていく。同志社が1点リードする形を維持していた。迎えた、5-5の逆転のチャンス。濱田のサーブスエースから始まり、相手もスパイクが決まらない。7-5でリードした瞬間だった。次の球から京産大の反撃が始まった。そこから7-9と逆転されてしまい、流れをつかむことができなかった。そのまま相手のペースで点差を縮められず、20-25で第3セットが終了。京産大からセットを奪うことができなかった。


士気を高める彼ら


「自分たちのやろうとしていたプレーを相手にそのままやられた」(梅原)。京産大の隙のないプレーに、対策ができなかった。「勢いを掴めずにずるずるとしてしまった」(主将・東森涼平)。本調子ではないメンバーもいた今大会。しかし、チームの調子の良い時が重なれば、流れに乗ることもできるだろう。また、今後の課題としては「高さ」に対して粘り強いプレーをみせ、相手に食らいつくことだ。試合はまだ3戦ある。見つけた課題をどれだけ意識し、試合に生かしていくのか。同志社の維持を魅せつけろ!(於保いちこ 副島和奏)

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について