同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 大きな勝利:バレーボール部
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
大きな勝利:バレーボール部
2017/09/23 HEAD LINE NEWS

関西学生バレーぼール男子秋季リーグ1部リーグ (2017年9月23日)

923日、京都産業大学にて行われた関西学生バレーボール男子秋季リーグ戦1部リーグ第4節。関学大と対戦し見事ストレートで勝利した。


初戦から黒星が続いていた同志社。台風の影響で試合が1週間延期されたためチームを立て直す時間を持つことができた。


1セット目、同志社のサーブミスから始まったが本圖(心理1)、西田(法3)のスパイクですぐにリードする(3-1)。その後も濱田(商3)のスパイクや梅原(心理2)のブロックが決まり4点差をつけた(9-5)。流れを引き寄せたのもつかの間、相手のスパイクが決まり、さらにエース濱田のスパイクが止められ同点へ(10-10)。しかし、今日の同志社は一味違った。雰囲気が悪くなることはなく自分たちらしく試合を進めていった。金光(商2)が決め、さらに濱田のバックアタックが決まった。途中再び追いつかれる場面もあったが、逆転を許すことなく最後は相手のサーブミスでセットを先取した。


スパイクを打つ本圖



続く2セット目、序盤均衡した試合が続くが相手のミスが重なり3点差でまたも同志社がリードした。リードしては追いつかれ、また離す。苦しい展開かと思いきや士気は下がらなかった。セッターである梅原のスパイクが決まるとチームは大いに盛り上がった。取られたら取り返すだけ。お互い一歩も譲らない試合が続いた。スパイクミスで先に相手がマッチポイントを迎えたが、金光のスパイクでデュースへ。ここから長い長い戦いが始まった。サーブミスで再び関学大がマッチポイントとなるが、金光のブロックで取り返す。相手もミスをすればすぐにスパイクを決めてきた。気づけば得点板は35-35を示していた。誰かがミスをすれば他の誰かが補った。相手のミスで37-37の同点に持っていくと、ここで見せたのは西田。回転のかかったスピードのあるサーブが相手のコートのライン際で跳ね返った。その勢いのまま同志社のスパイクが決まり、39-37で第2セット終了。大事なセットを取りきった。


得点し喜ぶ選手たち


スパイクを打つ西田


ブロックする金光と本圖



迎えた3セット目、勝利に大手をかけた同志社。油断することなく試合を進めていった。相手のスパイクで先制点を許し、1、2点を追いかける展開が続いた。金光や西田の活躍で大きな差を開かれることなく試合は終盤へ。濱田のスパイクで西田のスパイクで22-23。さらに相手のミスで同点となった(23-23)。サーブミスで絶体絶命の同志社だったが、決めたのはまたもセッター梅原。デュースへ持ち越し、最後は梅原と本圖のブロックで勝負あり。26-24で第3セットが終了し、セットカウント3ー0で開幕以来初白星となった。


スパイクを打つ梅原


得点し喜ぶ梅原


試合全体を見ても「雰囲気にうまく乗れた」(濱田)と話すように、自分たちの流れを崩さずそれぞれに盛り上げていった結果、勝利へと繋がった。1次リーグは残り1試合。今日の勢いそのままに目指すものはただ1つ、勝利だけだ。





・今日の調子はーー

濱田「雰囲気的には良かったです。」

梅原「負けが続いて吹っ切れた感じで1週間で良い練習ができたのでその流れで背負うものはなくイケイケでやったらできました。」

濱田「その雰囲気にうまく乗れた。後最後がバテていたので、3セット目がやばかったので、もっと粘れるようにしていきたいです。」


・第1セットから第3セットまでーー

梅原「今日はお互い拾いあいでラリーが続いた。最後ミスになっても打ち切って攻める姿勢になっていたので次にサイドアウトを取れることができてずっと攻めれたから勝てました。」


明日の試合に向けてーー

濱田「今日勝ったこの流れに乗って明日も取りきれたらいいなと思います。」

東森「流れがよければ勝てるということがわかったので、それを続ける。二次リーグに向けて明日の試合を踏まえて練習していきたいです。」

梅原「4回生にとっては最後のリーグなので、みんなが笑顔で終われるような雰囲気作りをしていきたいです。」



西田将也(法3)

・試合を振り返ってーー

2セット目からは僕がちょっとサーブカットを崩してしまったんですけど、森(商3)と金光がフォローしてくれてなんとか持ちこたえました。


・2セット目のデュースで気持ちが切れなかったのはーー

先週が悪かったんで、3回生が出てる人多いんで3回生がとにかく盛り上げようっていう気持ちでやりました。


・個人の良かった点、悪かった点ーー

良かった点はレフトからのスパイクが結構前回に比べてはまっていたのと、悪かったのが1本いれないといけない時のサーブと、あとはサーブカットが微妙にずれてたんでそこを修正したいなと。


・次戦の意気込みーー

勝ちます!



金光出雲(商2)

・試合を振り返ってーー

先週に比べて、サーブカットから攻撃までうまく繋がったから、自分たちが理想とする展開に持っていくことができたので良かったと思います。


・2セット目のデュースで気持ちが切れなかったのはーー

先週が悪すぎて、そっからの修正に3回生4回生が中心となってもう一回チームを立て直してくれたので、4日間の練習が役に立ったかなと思います。


・個人の良かった点、悪かった点ーー

サーブカットから攻撃に持っていくまでが結構調子良かったんで。悪かったのはサーブの、ここでほしいってところで取りきれない場面があったんでそこですかね。


・次戦の意気込みーー

勝つだけです!

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について