同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 2次リーグ開幕!快勝!:バレーボール部
日本学生氷上競技選手権大会...
第90回日本学生氷上競技選...
収穫得た関西準V
山内魅せた!圧巻の大逆転劇...
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年12月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
2次リーグ開幕!快勝!:バレーボール部
2017/09/30 HEAD LINE NEWS

2017年度関西学生バレーボール秋季リーグ戦1部リーグ2次リーグ下位リーグ第6節 (2017年9月30日)

930日、大阪体育大学体育館にて行われた2017年度関西学生バレーボール秋季リーグ戦1部リーグ2次リーグ下位リーグ第6節。同志社は、大体大と対戦し、セットカウント3-0で初戦を勝利で終えた。


ブロックしている金光(左)、稲葉(中央)、梅原(右)


1セット、濱田(商3)がスパイクを決め、その後も得点を連取した同志社(3-0)。点数を追いつかれる場面もあったが、西田(法3)や金光(商2)もスパイクを決め、好調のスタートを切った。相手のミスが目立った後半で一気に点差を広げた。濱田と本圖(心1)がスパイクをブロックすると大体大がたまらずタイムアウトを取った(20-16)。しかし、同志社の勢いは止まらなかった。最後は濱田がスパイクを決め、2523で第1セットが終了した。


得点を決め喜ぶ濱田


続く第2セット、序盤はラリーの続く場面もあったが、メンバーでボールを繋ぎ得点を稼いだ。自分たちのスパイクは決め、相手のスパイクは止める。本圖がスパイクを決めた時、気づけば得点は20-14だった。西田が速攻でスパイクを決めるとまたも大体大がタイムアウトを取った。しかし、同志社の流れは断ち切れない。相手のサーブミスから一気に24-16まで点差を広げた。藤田(社3)のサービスエースで同志社が第2セットも取った。


サービスエースを決めた藤田と喜ぶメンバたち


第3セット、本圖と西田がスパイクを決めた(3-1)。しかし、その後ミスやスパイクを決められ、逆転されてしまった(3-4)。西田がスパイクを決めたが、その直後にスパイクを決められ点差を広げられてしまう(8-12)。同志社も負けてはいない。金光のスパイクをブロックされるも、すぐ金光自身でスパイクを決めるなど梅原もサービスエースで一気に1点差まで縮めた(12-13)。その後は取って取られてを繰り返し、最後は相手のサーブミスにより25-20で第3セットを終了した。セットカウントは3-0で同志社が勝利した。


笑顔のメンバーたち


「サーブを分析し指数化することでモチベーションをあげた」(主将・東森)。今日の試合では多くのサービスエースで得点を稼いだ同志社。新たに取り入れた方法が勝利へと導いた。バレー部の活躍に期待だ!(於保いちこ 副島和奏)


コメント

東森・西田・藤田


・今日はどのような気持ちで挑んだーー


東森:1次リーグは初戦から負け発進だったので、2次リーグでは新たにサーブ指数を用いて選手のモチベーションを上げた結果、成果として結びついた試合になったと思う。


・今日のセットを振り返ってーー


西田:序盤は自分たちのミスがあったが、相手もミスをしてせっていた。最後の方は調子を上げてミスを少なくすることができた。2セット目は1セット目に比べてミスが少なく快勝だった。藤田や金光のサーブも走ったので乗れた。

東森:キャッチも崩れなかったし、メンバーのミスも他のメンバーがカバーできていたところが良かった。


・今日のプレーについてーー


藤田:嬉しかったです。自分の中で先週までがよくなかったから、2次リーグではリセットして吹っ切れたと思う。高校の同期が大体大でプレーしていたのでサーブをぶつけていけた。


・明日に向けてーー


西田:勝ちます

藤田:今日の結果がまぐれじゃないことを明日の試合で勝って証明します。頑張ります


同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について