同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 勝利逃すも、熱い戦い:バレーボール部
西日本学生新人戦
初勝ち点奪取!
チームで掴んだ歴代最高成績
近畿男子の日常~オフシーズ...
近畿男子の日常~オフシーズ...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2018年5月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
勝利逃すも、熱い戦い:バレーボール部
2018/04/19 HEAD LINE NEWS

関西大学バレーボール連盟男子1部春季リーグ (2018年4月15日)

4月15日、立命館大学いばらきキャンパス体育館にて関西バレーボール連盟 男子1部 春季リーグ第3節が行われた。セットカウント1-3で、龍谷大に敗戦した。


第1セット、序盤から龍谷大にスパイクを三点連続で決められた。完全に龍谷大のペースと思われたが、4回生の西田(法4)と森(商4)が先頭に立って攻めのスパイクを見せる。(3-4)そこから流れががらりと変わった。相手のミスが続き、同点へ。(7-7)このセットでは西田のストレートが炸裂。ミスをせず、スパイクで点を重ねていく。長いラリーでは1回生の小林(心理1)がレシーブで活躍。粘り強くボールを拾い、チームを支えた。(16-15)接戦の末、梅原(心理3)と本圖(心理2)がブロックでとどめを刺し、25-19で同志社が勝利。


スパイクを打つ西田(法4)


第2セットは、西田のスパイクミスから始まった。連続でスパイクを決められ、第1セットの勢いを止めてしまった。(1-4)そこから、相手のミスで同点に追いつき、ミスしてはスパイクを決め、龍谷大に食らいつく。(16-16)大差はなかったものの、最後は3連続得点され、惜しくも第2セットを落とした。(21-25)


迎えた第3セット。同志社のミスが目立ったものの、点差は大きく開かなかった。お互いが一歩も譲らず、試合はデュースまでもつれた。本圖の気合いのブロックが決まり、1度リードする。(25-24)ここからお互いのミスが続き、最後は2連続のスパイクミスでこのセットを逃した。(26-28)


追い込まれた第4セット、主将・西田のスパイクで先制点をあげた。中盤に差し掛かった時、龍谷大のブロックに拍車がかかり5連続得点を許す。(13-16)濵田(商4)の連続得点でなんとか差を縮めようともがいた。迎えた龍谷大のマッチポイント。森が恐れを感じさせないスパイクでチームを引っ張る。(22-24)同志社は諦めを見せなかったが、龍谷大の素早いクイックを叩きつけられ、フルセットに持ち込むことはできなかった。(22-25)

ブロックする濵田


リーグ開幕以来、黒星が続いている同志社。目標としている関西制覇を実現するには、1勝しておきたいところだった。勝利はつかめなかったが、ひとつひとつのラリーで繰り広げられた熱戦。彼らは試合を重ねる度に成長をみせている。まずは1勝を目指し、勢いを手にしたい。(竹山 麗奈)

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について