同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 粘りを見せるも勝利に届かず:バレーボール部
関西大学ラグビーAリーグ
優勝・昇格決めた!
開幕4連勝で流れに乗る
'18秋の展望「...
'18秋の展望「...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2018年10月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
粘りを見せるも勝利に届かず:バレーボール部
2018/04/23 HEAD LINE NEWS

2018年度関西大学バレーボール連盟 女子2部 春季リーグ (2018年4月22日)

4月22日に兵庫大学(兵庫県)にて関西大学バレーボール連盟女子2部春季リーグ第2節が行われた。対戦相手は、初戦をストレート勝ちでおさめている神戸学院大学。2セット目を粘って取る場面もあったが相手の勢いに圧倒されセットカウント1-3で敗れた。同志社は2連敗を喫した。


試合に挑む選手たち


第1セットは神院大の速い攻撃に苦しめられる。序盤は互いにテンポよく得点を重ねていった。1点ビハインドで迎えた中盤。サーブカットの乱れで9-17と大きく引き離される。タイムアウトから落ち着きを取り戻すと7連続得点し2点差まで詰め寄った。しかし、相手の速い攻撃がひかり同志社を突き放した。19-25でセットを落とした。



若い力が躍動した第2セット。相手を追いかけた展開だったが中江千帆(スポ2)が着実に得点を重ね逆転に成功する。同志社がセットポイントを握る場面で相手のスパイクがアウトの判定に。セットをものにしたと思われたが、判定がひっくり返り24-24と同点となった。ここで集中力を切らすことはなかった。しっかりと粘り切り、28-26で第2セットをものにした。セットカウント1-1で第3セットを迎える。


ハイタッチする中江


スパイクを放つエース中川


取ったほうが勝利に大きく近づく第3セット。第2セットの勢いのまま行きたい同志社だったが、序盤にまたしてもリードされる。相手の粘り強いレシーブで点を決めきることができなかった。自分たちのミスも出てしまい、17-25で第3セットを落としセットカウント1-2となる。


第4セットは互いに引けを取らないセットとなった。序盤から点を取っては取られの攻防を繰り広げ16-16となる。これまで集中力を切らすことはなかった同志社だったが疲れが徐々に見えはじめる。思わぬところでミスが出てしまった。一方、最後まで粘り強いレシーブとブロックを翻弄する速いトス回しで完全に流れを掴んだ神院大。18-25とセットを落とし完敗した。


ブロックする永井(左)と中江(右)


奮闘を見せるも2連敗となった。今試合を振り返り「出だし取られてから追いつく感じになってしまった。出だしから走れるようにしたい(主将・赤塚)」。序盤でつけられた差を埋めることができずに落とすセットが多くみられた。しかし、前回の試合より選手同士のコミュニケーションも増え試合中に修正することができているという。実力が拮抗している女子2部。勝ちを上げるためにはレシーブがカギとなる。(平野紗有里)


【リーグ通算成績】

2試合終了時点


0勝2敗



同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について