同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > フルセットに持ち込むも連敗:バレーボール部
第45回全関西学生ライフル...
第45回全関西学生ライフル...
ミス修正へ
主将セレクション「アイスホ...
'19春の展望「...
新チーム初白星!【ラクロス...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2019年4月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
フルセットに持ち込むも連敗:バレーボール部
2019/04/13 HEAD LINE NEWS

関西大学バレーボール部連盟春季リーグ男子1部春季リーグ戦 (2019年4月13日)

4月13日に立命館大学いばらきキャンパスで関西大学バレーボール連盟男子1部春季リーグ戦第2節が行われた。立命大を相手に、セットカウント2-3で敗れリーグ開幕から連敗を喫した。


まだ怪我人が復帰しない中で迎えた第2節。第1セットが始まり、最初に流れをつかんだのは同志社だった。伴(商4)のブロックが決まると10-7とリードする場面もあったが相手の強烈なスパイクをさばけず逆転を許す。「エンジンがかかり切らなかった」(梅原)。20点代に差し掛かるとサーブミスが目立ち第1セットを落とした。(22-25) 第2セットも悪い流れを断ち切れなかった。トスが上がった先にアタッカーがいないなど歯がゆい展開が続いた。(21-25)


「ベンチメンバーの盛り上げが後押しになった」(梅原)。雰囲気が落ち気味になるとベンチメンバーが声を出しコートにいるメンバーを鼓舞した。仲間の声を励みに第3セットに挑むと藤谷(理工4)のバックアタックが光る。ここから防御にも拍車がかかり相手の攻撃をうまくいなす。激しい攻防が続く場面でもエース金光(商4)がしっかりとスパイクでとどめを刺す。25-23で第3セットを取ると第4セットも高身長を活かした伴のセンターからのクイック、柴田(文情1)のレフトからのスパイクを中心とした攻撃でデュースを勝ち取った。


ブロックを決め喜ぶ伴


スパイクで活躍した柴田


どちらが勝ってもおかしくない。第5セットが始まった。金光のスパイク、サービスエースと連続得点を得ると藤谷も流れに乗る。9-10までとってはとられのシーソーゲームが続くが同志社のスパイクミスで2点差が開く。たまらずタイムアウトをとるが相手アタッカーの勢いは止まらず惜しくも第5セットを落とし、立命大に敗北を喫した。


開幕から2連敗となった同志社だが、怪我人を抱える中で4年制を筆頭に1年生も活躍を見せチームとしての状態は悪くない。来週には負傷中の選手の復帰も期待できる。「次戦はスタートからエンジン全開で」と主将、梅原もやる気十分だ。まだ戦いは始まったばかり。明日の一戦も全員バレーで白星を取りにいく。(竹山麗奈)



同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について