同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 大体大にストレート勝ち!:バレーボール部
目指すは頂点!
「男子ソフトボール部・仲田勝」
接戦制し、関西大会出場決定...
昨年王者に一歩及ばず[サッ...
ラグビー特集号
'16秋季リーグ報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2020年8月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
大体大にストレート勝ち!:バレーボール部
2019/04/28 HEAD LINE NEWS

関西大学バレーボール部連盟春季リーグ男子1部 (2019年4月27日)

4月27日に天理大学体育学部で関西大学バレーボール連盟春季リーグ戦男子1部第6節が行われた。大体大を相手にストレート勝ちを果たしリーグ途中成績を2勝4敗とした。


前試合から復帰を果たした引田(商2)を加え、着々と本調子を取り戻す同志社。第1セット、サーブが走り終始流れをつかんだ。サーブを強みとする引田を中心に攻めると、ブロックで抑える理想的な展開へと持ち込んだ。そのままの勢いに乗るかと思われたが、第2セットに入ると相手が調子をつかむ。常にリードを譲らなかったがここからサーブミスが目立ちだす。「サーブが走りきれなかった」と主将・梅原(心理4)は振り返った。次第に流れが相手の方に傾くが、ピンチサーバーの西村健(文情2)のサーブでじわじわと相手を崩すとそのまま25点へと辿り着いた。

勝利は目前となった第3セット。「今日はミドルが機能できた」(梅原)と言う通り、サイドとミドルにトスを上手く振り分ける。課題であったミドルの強化だが今試合では奥村(経済2)のクイックが光り多方面からの攻撃を実現した。最後はピンチサーバーで出場した宮野(心理1)が無回転のサーブでサービスエースを取ると試合は終了。同志社は見事、ストレート勝ちを果たした。


上:復帰を果たした引田 下:サーブで相手を崩す


リーグも折り返しとなった。この勝利で勢いをつけたいところだ。着々とチームも本調子を取り戻している。後半戦、同志社が巻き返しを図る。(竹山麗奈)

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について