同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 価値ある一勝:バレーボール部
関西大学ラグビーAリーグ
関西大学ラグビーAリーグ
インカレに向け好発進
ジュニア部門優勝
'19夏の展望「...
'19夏の展望「...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2019年8月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
価値ある一勝:バレーボール部
2019/05/12 HEAD LINE NEWS

関西大学バレーボール部連盟春季リーグ男子1部春季リーグ戦 (2019年5月11日)

5月11日に京都産業大学で関西大学バレーボール連盟男子1部春季リーグ戦第9節が行われた。関学大を相手に迎えセットカウント3-1で白星をあげた。


応援団の声援の中、第1セットが始まった。サーブミスが目立ったものの、伴(商1)がクイックを決めていきミドルを機能させ得点を重ねた。若干のリードを保ち試合を進め試合は中盤へ。引田(商2)のバックアタックも飛び出し威力を見せつける。1度のリードも許さないまま25-21で第1セットを取った。


流れをつかんだ同志社は一足先に10点台に差し掛かる。11-9の場面で奥村(経済)のサービスエースが決まり拍車がかかった。サーブの自信を問うと「指示があったところを狙っただけなので」と謙虚な姿勢をみせた。第2セットに引き続き、梅原の2アタックが着実に決まった。「相手が構えるであろう瞬間を狙えば相手の足は止まる」とセッターからの攻撃も十分だ。その後も流れを譲らず金光(商4)、引田の安定したサイドからのアタックで第2セットを得た。(25-22)


サービスエースを決めた奥村


トスをあげる梅原


同志社の課題でもある展開となった。第1、第2セットをとり第3をとれない。今試合も粘りきれず相手に第3セットを明け渡した。主将・梅原は「気持ちだけが前に出ているから冷静に頭使ってやりたい」と課題を語った。レベルが均衡しているリーグ戦でストレート勝ちを収めることの難しさを痛感した。


第4セット、危なげない試合展開をみせた。伴、梅原、金光がブロックで連続で抑えると相手の強烈なブロックを引田が粘りであげ得点に繋げる。トスが金光を中心にあがり真下に落ちるようなアタックで相手を黙らせた。隙を見せず1番差をつけて第4セットをとり関学大相手に白星を飾った。(25-18)


ブロックをする引田、伴


春季リーグも残すところ2戦となった。「優勝とかいってられないんで一戦一勝で頑張りたい」(梅原)。ひとつでも上の順位にいくために、最後まで全力で戦い抜く。(竹山麗奈)



同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について