同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 残留に望みをつなげる勝利 [バレーボール部女子]:バレーボール部
関西大学ラグビーAリーグ
関西大学ラグビーAリーグ
インカレに向け好発進
ジュニア部門優勝
'19夏の展望「...
'19夏の展望「...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2019年8月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
残留に望みをつなげる勝利 [バレーボール部女子]:バレーボール部
2019/05/12 HEAD LINE NEWS

2019年度関西大学バレーボール連盟女子2部 春季リーグ (2019年5月12日)

  5月12日に佛教大学紫野キャンパス(京都府)にて関西大学バレーボール連盟女子2部春季リーグ第6節対兵庫大戦が行われた。同志社はこの試合に負けると3部降格が確定する。緊張の中、第1セットを先取し幸先の良いスタートを切ると、第2セットこそ落としたが第3、4セットでは危なげなく勝利しセットカウント3ー1で勝利した。


得点を決め喜ぶ選手たち


「絶対に勝つ(町支・政策4)」という気持ちで挑んだ。同志社は春季リーグが始まってい以来1勝もできず、この試合を落とせば3部降格が確定という窮地に立たされていた。勝利のために何としてでも取りたい第1セットでは序盤から同志社の攻撃が光った。相手のコートの空いている場所を狙った攻撃で得点を重ねていった。21-13と大幅なリードで迎えた終盤徐々に攻撃がブロックにつかまった。思うような攻撃ができず、6連続失点し2点差まで詰め寄られる。ミスも出てしまい相手の勢いにのまれるかと思われたが、中川(スポ1)がライトからスパイクを決める。最後はサービスエースを決め26-24の接戦を制した。セットカウント1-0でリードする。続く第2セットでは序盤こそ競り合いを見せたが、兵庫大のタイムアウトから5連続失点で大きく離される。その後も巻き返すことができず18-25で第2セットを落としセットカウント1ー1で試合は振り出しに戻された。


ブロックする中江と稲吉(スポ1)


第3セットでも接戦が繰り広げられた。序盤4連続失点するも中江(スポ3)が1枚ブロックを決め、相手に流れを渡さなかった。一進一退の攻防が繰り広げられた。どちらがとってもおかしくないセットだったが、中川が3連続サービスエースで流れを引き込んだ。終盤には相手の攻撃をブロックで阻み得点を許さなかった。25-22で第3セットを取るとセットカウント2-1で勝利に王手をかけた。


サーブする中川


第4セットでは同志社の攻撃が次々に決まった。丈野(社2)の連続サービスエースで勢いに乗る。さらにアタッカー陣が緩急のある攻撃で得点を上げる活躍を見せる。終盤20点台に乗ってからは、相手が粘りを見せなかなか得点が決まらい。しかし、序盤のリードが大きかった。25-17で危なげなく勝利した。セットカウント3-1で勝利を収めた。


喜ぶ選手たち


今季初勝利を収めた。試合後主将・町支は「とりあえず一安心です」とほっとした表情で初勝利を喜んだ。今試合では丈野、中川が連続でサーブを決め同志社に勢いをもたらし、勝利を引き寄せた。ただ、喜んでばかりはいられない。5月19日に控える最終戦では佛教大との1戦を控える。町支は次戦の相手佛教大を「練習試合でよくやる相手だからこそ、やりにくい」とし、「1週間で相手の分析をしっかりとして準備したい」と次戦にむけての意気込みを語った。春季リーグ残るはあと1戦。2部残留に向けた戦いに挑む。【文責・平野紗有里、写真・宇藤誌峰】


リーグ通算成績

6戦1勝5敗


対武庫川女大 ●0-3(12-25.16-25.5-25)

対京産大 ●0-3(12-25.17-25.15-25)

対神戸学院大●0-3(8-25.12-25.13-25)

対関学大 ●0-3(18-25.13-25.16-25)

対大阪大谷大 ●0-3(14-25.19-25.17-25)

対兵庫第 ○3ー1(26-24.18-25.25-22.25-17)

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について