同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 課題見つかった新体制:バレーボール部
第42回関西学生春季室内選...
第42回関西学生春季室内選...
悔しさ滲む、まさかの敗北
笹尾組 涙のVで1部残留
第1回 時國隼輔
'19秋の展望「...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2019年12月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
課題見つかった新体制:バレーボール部
2019/11/13 HEAD LINE NEWS

2019年度Phiten CUP関西バレーボール大学男女選手権大会 (2019年11月10日)

11月10日に天理大学 杣之内第一体育館にて、2019年度Phiten CUP関西バレーボール大学男女選手権大会の決勝トーナメントが行われた。同志社は立命大を相手に、セットカウント0-2で敗北を喫した。


来年に向けた形でのチーム構成となった。今季リーグ戦でも活躍を見せた本圖(心3)、引田(商2)、伴(商1)、小林(心2)に加え、西村隼(経2)、宮野(心1)がスターティングメンバーに選ばれた。セッターは梅原(心4)。立命大も来年を意識した布陣で大会に臨んで来たため、新体制の力が試される試合となった。


第一セットは宮野のスパイクで始まった。梅原は今季新人王に輝いた伴にボールを集め、伴もそれに応えた。3連続得点を決めるなど獅子奮迅の活躍を見せる(6-3)。中盤まで同志社が1歩リードしていたが、13-11の場面で痛恨の4連続失点。流れを完全に渡してしまった同志社は20-25で第一セットを落とした。


スパイクを放つ宮野


点の取り合いを繰り広げた第二セット。拮抗した試合が予想される中、西村隼と代わった柴田(文情1)がサービスエース(4-3)。梅原も引田、宮野、柴田のサイドにトスを散らし、的を絞らせない。だが、立命大も喰らいつき同点の状態で後半へ。何とか流れを作りたい所だったが立命大が3連続得点。またも中盤で流れを渡してしまった。相手が20点に乗った場面でピンチサーバーに小杉(経4)が起用(18-20)。「嬉しかった」(小杉)。ここぞの場面でノータッチエースを決め、1点差まで追い詰めた。だが同志社が逆転することはなく、ストレート負けを喫した。


中々試合に出る機会が与えられなかった小杉


「サードテンポのボールを打ち切る力で差があった」(梅原)。スパイクの決定率で課題が残った新制同志社。だが、期待が残る試合内容でもあった。守備の要であるリベロやセンターは今季のスタメンと変わっていない上、宮野、柴田も守備に定評がある選手であるから守備面でのミスは少ない。粘り強いバレーで来季も強豪を翻弄する。(中川海太)


同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について