同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 秋季リーグ開幕 チーム本圖、まず1勝!【男子バレーボール部】:バレーボール部
SO戦制し大勝利!【陸上ホ...
籠谷、関カレ連覇!
吉田治寛・山中一輝
‘20ルーキー特集:ラクロ...
ラグビー特集号
'16秋季リーグ報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2020年12月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
秋季リーグ開幕 チーム本圖、まず1勝!【男子バレーボール部】:バレーボール部
2020/10/03 HEAD LINE NEWS

関西大学バレーボール連盟男子1部秋季リーグ戦 (2020年10月3日)

10月3日、関西大学バレーボール連盟男子1部秋季リーグ戦第1節が行われた。同志社は天理大を相手に、セットカウント3-1で勝利を収めた。

第1セットを25-14と圧倒し、続く第2セットもチーム全体として好調ぶりを発揮した。新司令塔の甲斐(商1)が大学1試合目とは思えないトスさばきで味方の得点をアシスト。引田(商3)のオープンレフトから宮野(心2)のライト攻撃、宮坂(心1)のバックアタックまで多彩なトスワークで1、2セット共に相手ブロッカーを惑わした。逆転を許すことなく、25-22で第2セットも獲得した。


強心臓ぶりを見せた甲斐


勢いのままストレート勝ちを果たしたいところだったが、「高校時(3セットマッチ)のペースでプレーしてしまったため、攻撃の引き出しを使い切ってしまった」と甲斐。ブロッカーが2枚付いてくる場面が増え、攻撃が決まりにくくなった。伴のダイレクトやブロックで7-4と序盤からリードすることに成功したが、ここから4連続で相手の攻撃を止められず8-7と逆転を許してしまう。本圖(心4)のCクイックなどで食らいついたものの、追いつくことは叶わず23-25で第3セットを落とした。


本圖の空中での打ち分けのうまさは健在だ


「雰囲気が悪くならないように、ということを注意して第4セットに臨んだ(本圖)」。序盤はスコアラーである伴を中心に得点を重ねる。中盤まで離しては追いつかれ、という試合展開が続いたが、13-12の場面で引田が1枚で相手ライトをシャットアウト。このワンプレーで流れは同志社に傾いた。宮坂、引田の安定感あるスパイクでリードを広げ、20点台に乗ってからは主将本圖が5点中3点を決める活躍を見せ、勝利した(25-21)。


幾度もチームを救った守護神・小林


新型コロナウイルスの影響で一時期開催すら危ぶまれた秋季リーグ。様々な人の助力あって、開催につながった。「協力してくれた人たちに感謝しながらやらないといけない(脇坂監督)」。その大会初戦に同志社は素晴らしいパフォーマンスを発揮。今季も全体的な守備力の高さが売りのチーム構成となっており、小林(心3)、宮野を筆頭に試合中何度もスーパーレシーブを見せた。「リーグトーナメントに入るためには、1つも負けられない」と本圖。今年のインカレ出場の枠は5校のみ。試合数も少ない今大会は例年以上に1試合の価値が重くなる。だが今年の同志社は優勝を狙えるチーム。当然目指すは関西の頂点だ。リーグ屈指のディフェンスチームとして今、躍進の第一歩を踏み出した。(中川海太)


同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について