同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 無念のストレート負け【バレーボール部女子】:バレーボール部
SO戦制し大勝利!【陸上ホ...
籠谷、関カレ連覇!
吉田治寛・山中一輝
‘20ルーキー特集:ラクロ...
ラグビー特集号
'16秋季リーグ報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2020年12月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
無念のストレート負け【バレーボール部女子】:バレーボール部
2020/10/20 HEAD LINE NEWS

2020年度関西大学バレーボール連盟女子3部秋季リーグ (2020年10月18日)

10月18日に2020年度関西大学バレーボール連盟女子3部秋季リーグ第4節が行われた。同志社は桃教大相手にセットカウント0-3で、ストレート負けを喫した。


円陣を組む選手たち


第一セット、序盤から中川(商2)がレフトから相手の不意をついた軟打を放ち点差を広げる(8-4)。順調に点数を重ねていく同志社だが、桃教大の勢いのあるサーブに対応できず21-25で第一セットを落とした。


アタックを打つ中川


気持ちを切り替えて挑んだ第二セットだが、相手のコンビネーションを使った攻撃をレシーブすることができず早々に点差を開かれてしまう(2-8)。大坂(スポ1)がライトからコースを狙ったスパイクで流れが変わり連続得点するも、相手の攻撃を止めることができず13-25で第二セットを落とした。


相手の強打をレシーブする渡邊(文4)


今川(スポ2)のサーブから始まった第三セット。お互い譲らぬ攻防戦で点数を重ねていく。第一セット、第二セットの反省点を生かした選手陣のブロックで相手の攻撃に対応し連続ポイントを奪った(16-13)。しかし不意をつかれたフェイントやブロックを抜くコースを狙った攻撃を止めることができず21-25で第三セットを落としセットカウント0-3で桃山学院教育大学にストレート負けを喫した。


トスを上げる今川


試合後、主将・冨永(スポ3)は「相手の攻撃が思っていた以上に速く、対応が追いつかなかった」と敗因を語った。第三セットでは第一、第二セットの反省点を生かしブロック、ブロックフォローに重きを置いてプレーしたが相手の冷静な攻撃に対応することができなかった。次週の対戦相手である京都華頂大学も桃山学院教育大学と同じで選手陣の背が高く勢いのある攻撃を仕掛けてくると予想される。今試合の反省点を次週の試合に生かし、同志社の強みであるサーブ、サーブカットで勝利を掴んでほしい。(辰己笑)


【リーグ通算成績】

4試合終了時点 1勝3敗

対びわこ大 ●1-3(25-22、19-25、15-25、23-25)

対関西外大 ○3-1(22-25、25-23、25-13、25-22)

対姫路獨協大 ●2-3(19-25、27-25、25-23、21-25、10-15)

対桃山学院教育大 ●0-3(21-25、13-25、21-25)

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について