同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 3試合ぶりとなる白星【バレーボール部女子】:バレーボール部
SO戦制し大勝利!【陸上ホ...
籠谷、関カレ連覇!
吉田治寛・山中一輝
‘20ルーキー特集:ラクロ...
ラグビー特集号
'16秋季リーグ報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2020年12月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
3試合ぶりとなる白星【バレーボール部女子】:バレーボール部
2020/10/26 HEAD LINE NEWS

2020年度関西大学バレーボール連盟女子3部 秋季リーグ (2020年10月25日)

10月25日に2020年度関西大学バレーボール連盟女子3部秋季リーグ第5節が行われた。フルセットを制し、同志社は京都華頂大相手にセットカウント3-2で、勝利を手にした。


試合前、円陣を組む様子


肝となる第1セットでは、同志社側のネットミスやサーブミスが目立ち得点を重ねることが出来ない。22-25で第1セットを落とすと、続く第2セットでも相手の強烈な攻撃に立ち打つことが出来ず、21-25で第2セットも落とす。


後がなくなった第3セットでは、序盤から同志社の連続ポイントが続く。中川(スポ2)が強烈なアタックを続けて決め、14-7でタイムアウトを迎える。その後も浮橋(政策1)の鋭い角度からのスパイクが決まり、大きく点差をつけ25-14で第3セットを獲得する。


アタックを攻める浮橋


試合の流れを掴み迎えた第4セットでは、序盤から相手の隙をつく攻撃により連続失点を許す。しかし、10得点目となる浮橋のアタックを皮切りに14-12で逆転をしタイムアウトとなる。タイムアウト後はコート、ベンチ、客席から出る部員の声で試合会場は熱気を帯びていた。主将・冨永(スポ3)が2得点連続でサービスエースを決めると、終盤では浮橋のアタックがさく裂し25-21で第4セットをものにした。


ベンチで応援する選手たち


サービスエースを決めた冨永


勝負の行方は第5セットにもつれ込んだ。序盤から長いラリーが続き、シーソーゲームが繰り広げられる。相手のスパイクに食いつけず、ネットミスが重なり失点を許す。しかし、第5セットでも中川、浮橋のアタックは攻撃の一手を緩めなかった。13-12で3度目のタイムアウトを迎え、第5セット獲得目前となった。コート内では「まず、1点を取ろう」と部員同士で声を掛け合う場面が見えた。相手のアウトで14点目を得ると、続く大坂(スポ1)のサービスエースの得点により試合終了。第5セットを制し、2試合ぶりとなる勝利を掴んだ。


第2節を終えてから白星を手にしていなかった同志社。3部上位で今季リーグを終えるには、今節を含めた残り3試合での勝利が必須条件となる。前節を終えて1週間は、「一勝のためだけに頑張って練習してきた」と冨永は試合後話した。今日の試合ではコート内だけでなく、ベンチと客席に居る部員が連携を取ることで、チーム全体で試合状況を把握することに心がけた。「チームの総力で今日は勝てた。次の試合でも、チームの連携やプレーミスを減らし頑張っていきたい」(冨永)。リーグ戦終了まで残り2試合。部員全員が一丸となって、次節でも勝利を掴んで欲しい。(文責:宇藤誌峰、写真:辰巳笑、橋本さくら)


【リーグ通算成績】


5試合終了時点 2勝3敗


対びわこ大 ●1-3(25-22、19-25、15-25、23-25)

対関西外大 ○3-1(22-25、25-23、25-13、25-22)

対姫路獨協大 ●2-3(19-25、27-25、25-23、21-25、10-15)

対桃山学院教育大 ●0-3(21-25、13-25、21-25)

対京都華頂大 ○3-2(22-25、21-25、25-14、25-21、15-12)


同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について