同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > インカレ2回戦の壁超えられず[ハンドボール部女子]:ハンドボール部
第91回日本学生氷上競技選...
第91回日本学生氷上競技選...
課題修正しインカレに挑む
強さ見せつけた京都選手権
チームのために出来ること
'18秋の展望「...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2018年12月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
インカレ2回戦の壁超えられず[ハンドボール部女子]:ハンドボール部
2018/11/17 HEAD LINE NEWS

全日本学生ハンドボール選手権大会 (2018年11月10日)

11月10日、11日に全日本学生ハンドボール選手権大会1、2回戦が行われた。同志社は11日に環太平洋大と対戦し、17-24で敗北を喫して2回戦敗退となった。



サイドシュートを決める清水


1回戦の相手は東北福祉大。主将・丹羽(商4)は「目標に向けて、自分たちのハンドボールで勝とう」とメンバーに声をかけた。

前半が始まり、同志社が先制点を決めた。前半13分から前半終了まで、同志社がリードをキープしたまま点の取り合いを続けた。残り2分で2点を獲得し、12-10で前半を終了した。

後半18分、同志社の連続ポイントを助けたのはGK中島帆南(スポ3)のシュートだった。相手のシュートをカットした中島は、すぐにボールを拾い上げて、反対のゴールにシュートを決めた。思いもよらぬミラクルシュートに観客やベンチから歓声が上がった。波に乗った同志社は、最後までリードを守り切り31-21で勝利を収めた。

「後半は、みんなが積極的なプレーができていた」(丹羽)と勝利の要因を語った。秋季リーグに比べてミスも少なくなり、成長を見せつけた試合となった。


ミラクルシュートを決め、メンバーと喜び合うGK中島


翌日の2回戦は環太平洋大が相手だった。「観ている人が応援したくなるハンドボールをしたい」(丹羽)と意気込んで臨んだ試合。前半1分、先制点を決めて3連続ポイントを獲得した。試合の流れをつかみたい同志社だったが、簡単な相手ではなかった。環太平洋大に4点を決められ、メンバーの顔が曇り始めた。なかなかシュートを決められず、6-12で試合を折り返した。

相手のリードで迎えた後半戦。後半16分、藤原(スポ4)が速攻で点を獲得して点差を6点まで詰めた。相手の勢いが衰えず、点差を縮めることが出来なかった。残り10秒で飯山(スポ4)がサイドシュートを決めるも届かず、17-24と環太平洋大に敗北を喫した。


速攻に向かう藤原


丹羽は「環太平洋大戦の攻めへの対策をしていたのに攻略できなかったことが敗因。」と試合を分析した。惜しくも2回戦の壁を超えれずインカレを終えた。しかし、チームワークの面では大きな成長を見せた。「ベンチもコート内を声を出し合って試合ができた」。(丹羽)秋季リーグで課題にしていた声を修正することができた。今大会で4年生の4人は引退となった。現役選手は、先輩の思いを受け継いで新たな目標へ歩みを進める。(清水愛結花)


主将・丹羽率いる同志社ハンドボール部女子


4回生のコメント

--4年間を振り返って


主将・丹羽(商4)

本当にあっという間で終わってみればとても楽しかったし続けてよかったと思っています。今のこのチームで良かったし、このチームでキャプテンを務めることができて良かったです。


副将・藤原(スポ4)

1年生の時から試合出させてもらっていて、後悔がないと言ったら嘘になってしまうけど、すごく楽しかったしやりきれて良かったです。


飯山(スポ4)

始め入った時はとても人数が少なくて、そこから倍くらい人数が増えて、みんなでチームひとつになって最後戦うことができて良かったです。このチームでハンドボールできて良かったと思います。

仲が良いのが同志社の良さで、後輩とかこれまでの先輩に助けられた4年間でした。


清水(商4)

個人的にもチーム的にも苦しい状況が続いていて、課題の方が多い4年間でした。監督が練習に常にいる訳ではないので、自分たちが主体でやっていかないといけないというプレッシャーもありました。でも、自分はとりあえずみんなが楽しく笑顔になれるように盛り上げることを頑張ろうと決めていて、それは4年間やり通せたと思います。

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について