同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > インカレベスト16で今季終える[ハンドボール部女子]:ハンドボール部
第42回関西学生春季室内選...
第42回関西学生春季室内選...
悔しさ滲む、まさかの敗北
笹尾組 涙のVで1部残留
第1回 時國隼輔
'19秋の展望「...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2019年12月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
インカレベスト16で今季終える[ハンドボール部女子]:ハンドボール部
2019/11/11 HEAD LINE NEWS

高松宮記念女子第55回全日本学生ハンドボール選手権 (2019年11月9日)

11月9日にカメイアリーナ仙台にて高松宮記念女子第55回全日本学生ハンドボール選手権・2回戦が開催された。相手は環太平洋大。13-26で敗北を喫し、2回戦敗退となった。


シュートを決める鍋井

先制点を決められ、試合の流れが相手に傾いた。同志社はディフェンスに苦しめられ、なかなかシュートを放つことができない。前半11分からの10分間、相手に5連続ポイントを奪われた。点差は8点に。何とか抑えたい同志社は積極的なプレーで相手の反則を誘い、ペナルティーシュートを獲得。鍋井(商2)が確実にPTを決め、相手の攻撃を断ち切った。ラスト10分は、GK中島(スポ4)が速攻をカット、西村(スポ2)が力強いシュートを決めたが、差を埋められず6-15で試合を折り返した。


ハイタッチをするメンバーたち

後半、反撃を図る同志社。前半に比べ、全員が果敢にシュートを放った。しかし相手のキーパーに止められ、点を奪えない苦しい戦いになった。「相手の対策は一枚上手だった」(伊藤)。環太平洋大のエースに点を許し、点差を広げられた。最後の5分は鍋井が3得点、飯山(スポ1)がサイドシュートを決め13-26で試合を終えた。


最後は飯山がサイドシュートを決めた。

目標の全国ベスト8には届かず、ベスト16で4年生は引退を迎えた。主将・伊藤(スポ4)は「みんなで自分たちのハンドボールを作り上げることができた」と1年間の成長を振り返った。秋季リーグ2位と快挙を成し遂げた今年度。後輩は先輩たちが残した全国ベスト8の目標を引き継ぎ、次の舞台へ歩みを進める。(文責・清水愛結花、写真・佐々木太一)

試合後の集合写真


〜4年間を振り返って〜
伊藤
自分たちの代になった時に怪我をしてしまって、その時は秋リーグやインカレに出れるとは思っていませんでした。インカレで自分がプレーできたのも後輩たちが頑張ってくれていたおかげ。怪我から復帰してインカレで1点決められたことが個人的には満足しています。目標のベスト8には届かなかったのはとても悔しいけど、良いチームなので来年お願いしますと思っています。

吉村(スポ4)
私はまず実力面ではチームに貢献できなかったけど、1人では経験できなかった関西2位、全国まで連れて行ってくれて、本当にみんなのおかげだと感じています。また、4年生の2人は3週間くらい練習ではなくサポートに回っていたのですが、自分たちを理解してチームに残らせてくれて感謝しています。

中島
他の4回生たちや後輩たちのおかげで1戦1戦頑張れていたので感謝しかないです。

土岐(スポ4)
最初からプレー面では力になれなくて、迷惑ばっかりかけてしまったけど、周りの後輩たちに恵まれて大学生活4年間体育会でやり切れたのは人生の糧となったと思います。今まで関わってくれた方々に感謝しています。

栗本(文情4)
後輩たちに救われたチームだと思います。後輩たちのおかげでここまで来れたし、楽しんだ4年間でした。

中村(商4)
波がすごいチームだったけど最後はとても良いチームになって楽しく終われました。下級生時代があったから、こうやって今笑えるんだと思います。後輩たちには感謝しています。

彌富(心理4)
1番は楽しかったです。
辛いことも多かったけど楽しい方が大きかったです。
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について