同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 初戦突破![ハンドボール部男子]:ハンドボール部
今季初の大会も本領発揮できず
チームプレーで大量得点【陸...
吉田治寛・山中一輝
‘20ルーキー特集:ラクロ...
ラグビー特集号
'16秋季リーグ報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2020年12月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
初戦突破![ハンドボール部男子]:ハンドボール部
2020/09/27 HEAD LINE NEWS

Substitute match 2020 (2020年9月26日)

9月26日にSubstitute match 2020・第1戦が太陽が丘(京都府)にて行われた。天理大を相手に32対21で勝利し、初戦を突破した。


チームをけん引する今井(商4)


前半、同志社が先制点を挙げるが、すぐに2点返される。それでも主将の今井が連続得点を挙げ、同志社が流れを掴んだ。果敢にシュートを打ち、ペナルティーシュートも確実に決める。前半20分、天理大に3連続得点を許すも、木村(商4)がスピード感のあるシュートを決め、悪い流れを断ち切った。リードを保ったまま13対10で前半を折り返す。


ガッツポーズを見せる木村


後半は同志社優位の試合展開だった。開始1分で相手にシュートを決められるものの、その後同志社が大量得点を挙げる。ゴールキーパー大森(商1)のファインセーブから、新垣(文情1)が速攻で得点を決め、同志社の勢いはさらに増した。「大学初の試合だったので、元気よく楽しもうと思って挑みました」(新垣)。終盤にはベンチメンバー全員が出場。最後まで積極的に攻める姿勢を見せ、31対22で初戦を制した。


ゴールを守るルーキー大森


積極的に攻める平野(社3)


無観客という異例の状況で開幕した代替戦。今井は「点差をつけて勝てたことは良かったが、粘ったオフェンスができなかった」と振り返る。また、後半からゴールを守ったルーキー大森は「自分のキーピングに満足はしていない。次の福科戦で復活できるように頑張ります」と意気込んだ。現状に満足せず、さらなる高見を目指す今井組。今回見えた課題を修正し、同志社らしさ全開で福科戦に挑む。 (中村真菜)


同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について