同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 4位で終幕:ハンドボール部
2020ムロオ関西大学ラグ...
2020ムロオ関西大学ラグ...
大健闘!関西インカレ終幕
悔しさ滲む敗戦
'20ルーキー特...
3人の絆
ラグビー特集号
'16秋季リーグ報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2020年10月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
4位で終幕:ハンドボール部
2020/10/14 HEAD LINE NEWS

Substitute match 2020 (2020年10月11日)

1011日にSubstitute match 2020・順位決定戦が武庫川(兵庫県)にて行われた。武庫川女子大相手に1729で敗北し、第4位で今大会は幕を下ろした。

 

試合前、円陣を組む選手たち


前日の反省を生かし、選手たちは守ることと走ることを意識して順位決定戦に挑んだ。相手に先制点を奪われたが、すぐさま主将・菊池(社3)が2連続シュートを決める。南川(スポ1)と水谷(スポ3)も続き、一気に相手を突き放す。しかし、武庫川女子大も負けてはいない。中盤にはオフェンスの隙をつかれ、2連続の速攻により逆転を許す。

その後も取られたら取り返す拮抗した展開が続いた。そんな中、GK加藤(文情2)のファインセーブによりチームが盛り上がりを見せ、良い雰囲気のまま1111の同点で前半を終えた。

 

選手と共に喜ぶGK加藤


「後半は相手の得意なスタイルに押し負けて、自分たちのプレーができていなかった」(鍋井・商3)。相手は前半以上に勢いを増し、同志社に襲い掛かる。素早い攻撃に翻弄(ほんろう)され、どんどん点差が広がっていく。

意地を見せたい同志社は、中盤に南川のサイドシュートと鍋井のロングシュートで2連続ポイントを奪う。しかし、自分たちのミスから相手にペースを握られ、またしてもリードを広げられる。最後まで奮闘するものの、点差は縮まることなく、1729で敗北を喫した。

 

試合後の集合写真


新体制で挑んだ今大会は、目標であった「関西4位以内」を見事に達成。それでも、「やっぱりもうちょっとやってたらっていう後悔がある」と菊池は悔しさをにじませた。この大会を通して何度も粘り強さを見せた同志社。同時に、新チームの新たな課題も発見した。

「目標はインカレベスト8です」。来年、ラストイヤーを迎えるエース・鍋井は力強く意気込んだ。今大会の結果を踏み台にし、彼女たちはさらなる成長を遂げるに違いない。新生同志社の戦いは始まったばかりだ。(箕浦祐芽)

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について