同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 意地を見せ圧勝!【ラクロス部男子】:ラクロス部
今季初の大会も本領発揮できず
チームプレーで大量得点【陸...
吉田治寛・山中一輝
‘20ルーキー特集:ラクロ...
ラグビー特集号
'16秋季リーグ報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2020年12月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
意地を見せ圧勝!【ラクロス部男子】:ラクロス部
2020/11/07 HEAD LINE NEWS

2020年度特別大会 (2020年11月7日)

11月7日に2020年度特別大会が行われた。同志社は大手前大学、流通科学大学合同チームに29-1で勝利を収めた。


試合前に整列する選手たち


小雨が降る中始まった第1Q。開始早々、根来(生命3)が点を決めゲームの流れを掌握する。途中ディフェンスを抜かれ相手に得点を許してしまうが、橋本(法3)や工藤(スポ4)、木下(理工3)らが得点を重ね7-1で第1Qを終えた。


ディフェンスを交わす工藤


6点リードで始まった第2Q。素早いパス回しで相手を翻弄し、開始2分で中野(文情4)が力強いシュート、香月(政策3)がゴール左側からシュートを決め点差を更にひらいていく。その後もゲームの流れは変わらず第2Qを終え第3Qに突入(15-1)。開始早々、中野がface offでボールを奪い、パスを出し甲斐(経2)がゴール左側から勢いのあるショットを決める。ますます勢いづいた同志社。相手にボールを渡さず積極的に攻撃を仕掛ける。開始9分の、太田(法3)の技ありシュートが決まると同志社のベンチ陣は今試合1の盛り上がりを見せた。相手も負けじと食らいつきオフェンスに力を入れるも、同志社の攻撃に対応することができず23-1の22点リードで第3Qを終えた。


攻撃を仕掛ける香月


22点リードで始まった第4Q。大量得点で緩みが出てしまったのか、なかなか得点が決まらない同志社。そんな空気を変えたのが、島本(文情2)だ。ゴール左側から相手を抜き力強いショットを決める。続いて續木(スポ4)、地附(スポ4)がシュートを決め、大量得点に成功。最後まで相手にゲームの流れを譲らず29-1で大手前大学、流通科学大学合同チームに勝利を収めた。


シュートを放つ甲斐


試合の感想について、主将・工藤は「点は取れていたが、気の緩んだプレーが目立った」と語った。久しぶりの公式戦だったラクロス部男子。チームの課題が見えた貴重な一戦となった。11月14日に行われる近畿大学との練習試合。公式戦ではないが確実に勝利を収め、同志社の意地を見せつけろ。(辰己笑)


同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について