同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 悔しい敗北【ラクロス部男子】:ラクロス部
今季初の大会も本領発揮できず
チームプレーで大量得点【陸...
吉田治寛・山中一輝
‘20ルーキー特集:ラクロ...
ラグビー特集号
'16秋季リーグ報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2020年12月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
悔しい敗北【ラクロス部男子】:ラクロス部
2020/11/14 HEAD LINE NEWS

Bリーグ (2020年11月14日)

11月14日に久御山河川敷にて2020年度Bリーグが行われた。同志社は近畿大学に3-4で敗北を喫した。


整列する選手たち


昨年のウィンターステージに出場できなかったため、今回が初めての試合となったBチーム。始まった第1Q、早々に両者がゴールを狙う展開になる。島本(文情2)や永江(経済2)がゴールを狙うも相手のディフェンスに阻止され、両者共に無得点で第1Qを終えた。

同点で始まった第2Q。近大は開始早々鋭いシュートを放つも、島村(経済2)が見事キャッチしシュートを阻止した。同志社も負けずに坂上(経済2)、野村(法2)らがシュートを狙うもなかなか決まらない。そんな中、後半14分でゲームが動いた。同志社のパスミスから近大にボールが渡ると素早いパス回しで同志社側のディフェンスを翻弄。そのままゴール左側からゴールを決められてしまい、0-1で第2Qを終えた。


攻める甲斐(経済2)


1点ビハインドで迎えた第3Q。川口(文情2)の激しいディフェンスで相手ボールを奪いシュートを狙うもまたもや相手ゴーリーにキャッチされてしまう。そんな流れを変えたのが山田(文2)だ。ゴール正面右側から力強いシュートを決め1-1の同点に。続けて開始11分、永江が正面から鋭いショットを放ち得点を奪うと同志社陣は今試合1番の盛り上がりをみせた。しかし第3Q終了間際に相手に1点を与えてしまい2-2で第3Qを終えた。


点が決まり喜ぶ選手たち


勝負の分かれ目となった第4Q。開始51秒、山田が相手の不意をつきゴール右下からシュートを決めた。しかし相手も負けじと素早いパス回しで同志社ディフェンスを翻弄しシュートを決め、3-3の同点に。同志社のミスが目立ってしまい、近大からなかなかボールを奪えず苦しい時間が続く。試合時間残り3分で同志社にボールが回り、すぐさまタイムアウトをとった。チーム内で声を掛け合い気合を入れ直す。タイムアウト後、攻めのプレーでシュートを放つも外れてしまい、相手ボールに渡ってしまう。シュートを打たせないようにディフェンスに力を入れるも試合終了間際にゴール上を狙ったシュートを決められてしまい、試合終了。3-4で近畿大学に敗北を喫した。


シュートを狙う清水(スポ2)


昨年行われたウィンターステージに出場できなかっただけに、選手一同「勝ちたい」、その想いだけを胸に挑んだ今試合。試合終了後、「とにかく悔しい」と言葉を詰まらせながら語った山田。僅差で敗れ悔しい思いをしたものの、課題が見え次へと繋がる試合となった。近畿大学との一戦は終わってしまったものの、次戦には大阪大学との一戦を控えている。残された練習時間で今日みえた課題を克服し、大阪大学との一戦を戦い抜き白星を飾ってほしい。(辰己笑)

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について