同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 見せた総合力:陸上競技部
令和3年度関西学生バドミン...
令和3年度関西学生バドミン...
主将セレクション「卓球部男子」
主将セレクション「卓球部女子」
関西シングルス優勝!リーグ...
快勝で幕開け
’21春 新入生歓迎号
ラグビー特集号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2021年4月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
見せた総合力:陸上競技部
2021/04/07 HEAD LINE NEWS

第85回京都学生陸上競技対校選手権大会 (2021年4月4日)


4月4日にたけびしスタジアム京都にて行われた、第85回京都学生陸上競技対校選手権大会。朝から鉛色の雲が空を覆い、グランドには冷たい雨が降りしきっていた。厳しいコンディションの中でも、多くの選手が自己ベストを更新し、入賞を果たした。


同志社が圧倒的な強さを見せつけたのは、男子800mのタイムレース決勝だった。去年の10月に行われた関西インカレで3位に入賞した橋本(スポ4)が圧巻の走りを見せ優勝。橋本に続き、澤田(法2)2着、國枝(スポ3)3着でゴールし、上位を独占した。


ラストイヤーを迎えた橋本にとって最後の京都インカレ。「どんなレース展開になっても最後まで諦めない走りをしよう」と強い気持ちを持って挑んだ。レース序盤は前を走る選手についていく冷静な走りを見せる。600mを過ぎた辺りから徐々にスピードを上げチャンスを窺い、最後の直線に差し掛かったところで一気に首位に躍り出た。そのまま猛追する選手を振り切り、1着でフィニッシュ。終盤での勝負強さが光り、見事、京都インカレ初優勝を遂げた。


 

ゴールの瞬間


ゴールと同時に右手のこぶしを高く上げた。そしてすぐに後ろを振り返り後輩たちの姿を確認すると、笑顔で手を叩き喜びをあらわにした。3人で互いに切磋琢磨しあってきたからこそ、「くっそー!」と澤田と國枝は悔しさを滲ませていた。「彼らはもっと強くなるなと思います」。仲間でもあり、ライバルでもある後輩たちの姿は橋本をさらに奮い立たせた。

次に控えるのは約一か月半後の関西インカレ。後半の粘り強さに加え、中間走のスピードをさらに上げることで去年を上回る結果を狙いに行く。関西の舞台でも力を発揮し、強さを見せつけてほしい。

 

ゴール後、手を叩く橋本


今年は男子800mを含めた17種目で総勢22人が3位入賞を果たした。総合得点は男女ともに一昨年を上回る結果となり、一人一人がチームの勝利に貢献した。関西インカレではさらなる高みを目指し、部員一丸となって突き進む。好調な滑り出しを見せた同志社陸上競技部からこれからも目が離せない。(箕浦祐芽・中村真菜)


★京都インカレ 3位入賞者★

 

【男子 砲丸投 決勝】

草野(文情3) 1等 14m44 


【男子 走幅跳 決勝】

松本(商4) 1等 7m38(+0.7)

 


【女子 走高跳 決勝】

石黒(商2) 1等 1m65

 

【女子 やり投 決勝】

(スポ2) 3等 34m94

 

【男子 円盤投 決勝】

北村(М1) 1等 46m11

 


【男子 棒高跳 決勝】

加藤(スポ4) 1等 4m60

 


【男子 800m タイムレース決勝】

橋本(スポ4) 1着 1’54”15

澤田(法2) 2着 1’54”72

國枝(スポ3) 3着 1’54”85

 

【女子400mH 決勝】

尾崎(GR2) 21’03”06

 


【男子400mH 決勝】

村上(文情2) 152”34

加耒(スポ4) 3着 53”57

 


【女子 100m タイムレース決勝】

田中(スポ4) 2着 12”20(±0.0)

柳澤(スポ3) 312”41(±0.0)

 



【女子 走幅跳 決勝】

小林(商4) 3等 5m40(-0.7)

 

【女子ハンマー投 決勝】

野口(商2) 252m94

 


【女子 200m タイムレース決勝】

黄瀬(スポ3) 225”63(±0.4)

柳澤(スポ3) 325”89(±0.4)

 

【男子 走高跳 決勝】

吉川(文情4) 3等 1m95

 


【女子 4×400mR 決勝】

1.黄瀬(スポ3) 2.尾崎(GR2)

3.釆睪(心理2) 4.竹田(スポ3)

24’01”94

 


【男子 4×400mR 決勝】

1.村上(文情2) 2.河野(スポ3)

3.加耒(スポ4) 4.橋本(スポ4)

2着 3'14"26

 


【女子 4×100mR 決勝】

1.黄瀬(スポ3) 2.田中(スポ4)

3.中尾(経2) 4.柳澤(スポ3)

24852


【男子総合得点】

トラック 3位 79点

フィールド 2位 46点

総合 2位 125点


【女子総合得点】

トラック 2位 75点

フィールド 2位 27点

総合 2位 95点

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について