同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 立命大相手に手応え[陸上ホッケー部女子]:陸上ホッケー部
第91回日本学生氷上競技選...
第91回日本学生氷上競技選...
借り返せず天理大に敗北[J...
念願叶わず、初戦敗退
'18秋の展望「...
'18秋の展望「...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2018年11月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
立命大相手に手応え[陸上ホッケー部女子]:陸上ホッケー部
2018/10/15 HEAD LINE NEWS

関西学生秋季リーグ (2018年10月13日)

10月13日、立命館ホリーズスタジアム(大阪府)にて関西学生秋季リーグが開幕した。同志社は立命大相手に0-6で敗北したが今後につながる試合となった。


できるだけ失点を抑える練習を積んだ。相手の早いボール運びに対応し、マークに抜かれてしまった際の守備位置の修正を的確に行うことでピンチを凌ぐ場面が多く見られた。FB(フルバック)として守備の要となる藤原(理工2)は相手の進む位置を確実に捉え、ゴール付近でのセーブを連発。夏の鍛錬を経て大きな成長を見せた。


好セーブを見せる藤原(理工2)


同じくFBの原田(同女2)は持ち前のスタミナを活かし、ディフェンスを交わしていく立命大にプレッシャーを与えた。


ボールを奪う原田(同女2)


しかし春季リーグ2位の実力をもつ立命大は手強かった。前半終了時点で0-4と大きなリードを奪われ、後半巻き返しを図った。


第3Q開始5分、二谷(経2)がボールを持つと宮口(同女4)とパスをつないでボールを自陣まで持ち込む。小さなパスを繋いで進む攻撃の理想の形を実現し、選手はさらに意気込んだ。第4Q開始早々には主将白木(経4)の独走が見られ、攻撃面での成長を実感した。また、今試合で計16回のPC(ペナルティコーナー)を与えたが、キーパー喜多(法3)をはじめ全員で最後まで失点を食い止めた。守備にも攻撃にも全力な同志社らしいホッケーを貫いた。


PC時の選手たち


「まだまだ勿体無い部分はあったが抑えられた部分は多かった。攻撃でも立命大相手に手応えを得られたことはとても大きい」と主将白木。今リーグの目標は表彰台。確かな手応えを得た同志社の躍進に期待が高まる。(久保友紀恵)


同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について