同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 立命大戦で目標達成【陸上ホッケー部女子】:陸上ホッケー部
第42回関西学生春季室内選...
第42回関西学生春季室内選...
関学大相手に大量得点
全国覇者に勝利、準々決勝進出!
'19秋の展望「...
'19秋の展望「...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2019年11月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
立命大戦で目標達成【陸上ホッケー部女子】:陸上ホッケー部
2019/10/17 HEAD LINE NEWS

関西学生秋季リーグ (2019年10月13日)

10月13日、立命館OICフィールド(大阪府)にて関西学生ホッケー秋季リーグが行われた。同志社は立命大と対戦し、0-7で敗北した。


「1桁で抑えよう」全国トップレベルの立命大相手にチーム内で目標を掲げた。立命大は鋭いパス、それぞれのドリブル力も高い。どれだけ粘り強く守り、失点を防げるかが勝負のカギとなった。


しかし前半は苦しい展開を強いられた。集中力を高めて挑む中、隙のない立命大の攻撃を受ける。第1Q5分にPCを与え、先制を許した。さらに8分、守備を掻い潜りシュートをきめられる。第2Qにおいても相手の流れを断ち切れず、さらに2点を追加された。


何度もシュートを打たれたがGK喜多(法4)のセーブで失点を防いだ


後半、サークル外で勝負するプレースタイルが徐々に見え始める。ゴールから遠い状況でも激しいプレッシャーを与え、スピード感のある攻撃を封じた。また、サークル内に入ってからも腰の低い守りでゴール前を固めた。後半は4回のPCを与えたが、サークル内での攻めた守備ができた結果と言える。


ゴール前で守りを固める同志社


第4Qに入り、体力的につらくなる時間には原田(同女3)、さらに司令塔としてチームを指揮する辰巳(商2)がメンバーを鼓舞した。結果後半さらに4失点を喫したが、目標を達成し手応えを得た試合となった。


後半も疲れを感じさせない原田(同女3)


的確なパスを放つ辰巳(商2)


インカレを挟み、順位決定戦は11月終盤となる。格上相手に得たいい感覚を忘れず、関西5位の座を目指す。彼女たちの戦いはまだまだ終わらない。(久保友紀恵)



同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について