同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 友野選手、SP後インタビュー:フィギュアスケート部
SO戦制し大勝利!【陸上ホ...
籠谷、関カレ連覇!
吉田治寛・山中一輝
‘20ルーキー特集:ラクロ...
ラグビー特集号
'16秋季リーグ報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2020年12月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
友野選手、SP後インタビュー:フィギュアスケート部
2020/10/03 HEAD LINE NEWS

2020近畿フィギュアスケート選手権大会 (2020年10月3日)

※本大会は、新型コロナウィルス感染拡大防止の観点から無観客で行われました。

また、同志社スポーツアトムの現地での取材も行えなかったため、この記事では昨シーズンの写真を使用しています。ご了承ください。



昨年度の全日本選手権で演技をする友野



☆SP後インタビュー

――演技を振り返って

今日は少し緊張していてスピードだったりジャンプの乱れがあって、ステップも少し乱れたんですけど、全体的にまとまった演技が出来たので良かったかなと思います。


――4回転2本について

昨シーズンと比べて4回転の質というか確率、完成度は上がっていたと思うので、

そういう自信はあったので、演技で出せて良かったです。



――点数に関しては

86点というのは自分の中で成長できた面があるのかなと思いますし、まだ詳細見てみないと分からないですけど、スピンもぼちぼちよかったのでそれが点数に繋がったのかなと思います。



ステップを見せる



――初戦ですが

いいスタートが切れたと思います。僕は今まで最初の方は失速気味でいい演技が出来ないのが続いていたので、本当に変わったところを見せたいというのが一番の思いでしたし、僕自身成長したいという思いがあったので、次に繋がる良い演技が出来たかなと思います。明日も気持ちを切らさずに集中して頑張りたいなと思います。



――無観客でしたが

一度ドリームオンアイスで経験していたので、自分に集中して演技をすることが出来ました。



――ドリームオンアイスの時は焦りが見えたように思いましたがこの期間でどこを改善?

トール―プまでのスケーティングの流れとスピンの完成度だったり、ステップも見直しながら全体的に1本の線になるように、流れのある演技を目指して練習してきました。




同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について