同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 4回生 引退試合:フィギュアスケート部
令和3年度関西学生バドミン...
令和3年度関西学生バドミン...
主将セレクション「卓球部男子」
主将セレクション「卓球部女子」
関西シングルス優勝!リーグ...
快勝で幕開け
’21春 新入生歓迎号
ラグビー特集号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2021年4月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
4回生 引退試合:フィギュアスケート部
2021/03/07 HEAD LINE NEWS

第20回 関西学生フィギュアスケート競技大会 (2021年2月27日)

2月27日から28日にかけて臨海スポーツセンター(大阪府)にて行われた第20回関西学生フィギュアスケート競技大会。同志社からは計17名が出場した。1日目に行われた5部男子で田中(心理3)が優勝。2位には山田(理工3)がつづいた。2日目に行われた2部女子では船越(理工4)が3位となり、1部女子では籠谷(商2)が優勝。藤(社2)が5位となった。また、1部男子では森口(商1)が優勝し、辻村(経3)が3位という結果となった。そして、今大会が多くの四回生にとって引退試合となった。



ジャンプをきめる籠谷



1部女子で圧倒的な滑りを見せ、優勝した籠谷。冒頭に3回転ルッツ+3回転トーループのコンビネーションジャンプを決めると、その後も勢いを増し、次々とジャンプを成功させた。ステップでは、力強いジャンプとは打って変わり、丁寧な動きでジャッジにアピールした。



ステップを踏む藤



リズミカルな「Shall we dance?」の曲に合わせた軽快なステップと豊かな表情が印象的な藤。鮮やかなピンクの衣装に身を包み、持ち前の表現力の高さで見る者を魅了した。



力強い演技を披露する森口



迫力のある演技を披露した森口。冒頭の2本のジャンプは回転数が減ってしまうミスがあったものの、高さのあるトリプルアクセルを2本決めた。無観客で行われた今大会であったが、森口が繰り広げるダイナミックな高さのあるジャンプには度々歓声が上がるほどのものであった。「大事に踏めるように意識して練習してきました」と語るステップにおいても、伸びやかな力強い滑りを披露し、他の追随を許さない。



着氷する辻村



美しいスケーティングで会場を魅了した辻村。国体以降十分に練習ができずに臨んだだけに、ミスが続いた。しかし、一つ一つの要素を丁寧に演技し、繊細さと強さを持ち合わせた独自の世界観を表現した。



引退試合での演技



今大会が引退試合となる船越。長い手足を生かした、しなやかかつスピード感のある滑りで存在感を放った。ひとつの転倒もなく最後まで堂々と演じ切った。「アクセルも二本降りたし、大満足です」。そう語る表情は達成感に満ちあふれていた。3月に予定されている演技会を最後にスケート人生に終止符を打つ。



美しいスピンを披露する船越



演技に自身の思いを込めるだけでなく、仲間や同期を思い、感謝を表現する姿が見られた。スケート人生で培った力を糧に第2の人生を歩み出す引退生。彼らの次なる人生に、喝采を。(清水葉月)


☆インタビュー

森口

――今回の演技を振り返って

アクセルが二本きまったことは嬉しかったですけど、最初の二本がパンクしてしまったことはだいぶ悔しかったです。でも、引退生が二人しか出てなかったことが悲しかったです。


――今大会までに取り組んできたことや意識していたこと

この前S Pを変えたばかりでF Sの練習があまりできてなかったのですが、でもしっかりステップを大事に踏めるように意識して練習してきました。


――来シーズンの目標

来シーズンはペアとシングルの両方をやっていくので、片方が疎かにならないように両方しっかりと練習していって、いい結果を残せていけたらいいなと思います。


辻村

――今回の演技を振り返って

あまり練習ができない状態での試合で、跳べないジャンプはあったのですが、必要最低限のことはできたかなという感じです。


――今大会に向けて練習で意識してきたこと

国体が終わってからそこまで練習ができない状態だったのですが、どんなことがあっても最後まで諦めずに通すということは意識してやってきました。


――来シーズンの目標

来シーズンが最後になるので、結果も大事だと思うのですが、最後は練習から楽しく取り組めたらいいなと思っています。


船越

――今回の演技を振り返って

最後だったので、結構満足しています。こけなかったし、アクセルも二本降りたし、大満足です。


――この大会に向けて意識してきたこと

とにかく体力をつけることです。みんなが声をかけてくれるおかげで、だんだん体力がつくようになってきました。よかったです。


――今回が引退試合になるのか

引退試合だけど、三月の演技会で演技を披露するのが最後です。


――フィギュアスケート人生で印象に残ったこと

ことではないかもしれませんが、たくさんの仲間に応援してもらえたことがうれしかったです。


――これまでのフィギュアスケート人生で一番感謝を伝えたい人

関わった人全員です。特に同期。


同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について