同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 西日本初戦完勝で3回戦へ:バドミントン部
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
一部昇格決定!
2年ぶりのインカレも初戦突...
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
西日本初戦完勝で3回戦へ:バドミントン部
2017/08/29 HEAD LINE NEWS

第57回西日本学生バドミントン選手権大会 (2017年8月28日)

8月28日、北九州市立総合体育館(福岡県)にて行われた西日本学生バドミントン選手権大会1日目。この日は団体戦1・2回戦が行われ、同志社は金沢大を3-0で下し3回戦に進出した。


この日から3日間続く団体戦、夏の練習の成果を占う初戦で快勝を飾った。



試合前の整列



第1シングルスに出場した角田温(スポ3)は第1ゲームを相手のミスに乗じ、21-14で取った。続く第2ゲーム、打って変わって1点を追うシーソーゲームが展開された。


ネットを放つ角田


序盤から交互に点を取り合うゲーム展開に。「1ゲーム目も相手のミスで取れた感じだったので、2ゲーム目が競ることはわかっていた」(角田温)。その言葉通り、終盤は精度の高いネットの応酬が続いた。13-11の場面では、長いラリーが続き、角田がコート右奥にカット球を入れ込むも惜しくもわずかラインの外側。そこから相手に3連続得点を許し、ブレークされてしまう。(13-14)。空調設備の整った体育館で風や普段と違うシャトルに苦しみながらも最後はまたもネット際での勝負を制した。「絶対にファイナルにはいきたくなかったので意地と勢いで取った」と、チームに幸先の良い白星をもたらした。


厳しい体勢からもクロスネットを放った



同時に隣接するコートで行われた第2シングルス藤元(商3)。こちらも第1ゲームを相手のミスもありながらも21-16で取ると、第2ゲームは相手を9本に抑え圧倒しての勝利。30分にも満たないうちにスピード勝利でチームをさらに勢いづけた。



ショットを放つ藤元



迎えた第1ダブルス。コートに上がったのは西尾(商4)・長町(商1)組。

第1ゲームは2人の持ち味である強打を生かし相手を5本に圧倒。だが、第2ゲームでは1ゲーム目少なかったミスが目立ち苦戦。決めたいところで決めきれない苦しい戦いになった。何とか11点を先取したものの、ハーフエンドからのちも相手に5連続得点を許すなど、リードされてしまう。「2ゲーム目で相手とラリーするようになってきて相手のテンポに合わせてしまいミスが増えた」(西尾)と反省した。だが、12-15と3点リードされてから怒とうの6連続得点で波に乗り、最後はいつも通りの強打で決めきった。西尾も「最後決めきれたのは応援の力」と、いつも通りの同志社で、チームで勝利をつかみ取った。



ハイタッチする西尾(右)・長町


持ち味である強打が生きた


ここで3本先取で試合を決め、翌日の3回戦進出を決めた。

初戦完勝だが、3回戦からはさらなる西の強豪校と対決することになる。試合に出ていないメンバーも“応援”というプラス1にも100にもなる力を持っている。チーム一丸となり、西の王者を狙っていく。(佐藤真衣子)

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について