同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 京産大に敗れ、秋季リーグ黒星スタート:バドミントン部
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
悲願の関西制覇!
準々決勝進出!
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
京産大に敗れ、秋季リーグ黒星スタート:バドミントン部
2017/09/11 HEAD LINE NEWS

秋季リーグ戦 (2017年9月11日)

911日、大阪市中央体育館にて、関西秋季リーグ戦1日目が行われた。同志社は京産大に2-3で敗れ、悔しくも黒星スタートとなってしまった。


1シングルスでコートに立ったのは西坂(スポ3)。1セット目、序盤からミスが続き、完全に相手のペースに。後半巻き返しを図るも、前半の得点差が響き、17-21でこのセットを落とした。2セット目は、流れを引き寄せようと攻めに転じ、序盤はリードを奪う。しかし、9-8から一気に4連続得点を取られると、再び流れは相手コートへ。この試合、西坂は全体的に落ち着いてプレーできていたものの、最後まで調子を上げることができず、敗北を喫した。


サーブレシーブを構える西坂(スポ3)



2シングルスに出場した河内(スポ4)の強さは、この日も健在だった。パワーで押し切るというよりテクニックで攻めていく河内は、球速に緩急をつけたり逆サイドにヘアピンを入れたりと、巧みにシャトルを操りスコアを重ねた。終始リードを保ち、2-0でストレート勝ちを決めた。


得点を決め、ガッツポーズを見せる河内(スポ4)



1ダブルスに出場したのは、東(商4)・中里(理工2)組。河内の勝利に続きたいところだったが、ショットの正確性でつまづき、1-2で敗北。レシーブで粘りを見せたり、連続のスマッシュでパワーを見せる場面もあったが、一歩及ばずの結果となってしまった。


シャトルを捉える瞬間の中里(左=理工2)・東(商4)



2ダブルス寺脇(スポ4)・大島(スポ4)組も、苦しい戦いを強いられた。1セット目前半、互角の試合を見せていたが、連続得点を奪われ一気に5点差をつけられると、そこから差を詰めることができなかった。少しでも甘い球を打つと、鋭いスマッシュで確実に点に変えられてしまい、1回もリードを奪えないまま0-2で敗北。


ラリー中の大島(左=スポ4)・寺脇(スポ4)



3シングルスには、東が出場。チームの敗北が決定してしまった後でも、最後まで気持ちを切らさず2-1で勝利した。1セット目は取られてしまったが、2セット目からミスが減り、徐々にペースを掴んでいった。相手のミスが多くなってきたことも功を奏し、2セットを連取。なんとか京産大に食らいつく形となった。


レシーブの体勢に入った東(商4)



普段活躍する選手の体調不良で、万全とは言えない状態で臨んだ今日の試合。この日の敗北に対して主将西坂は、「勝負事なんで、勝つときもあれば負けるときもある。まだ上のリーグに行ける可能性はあるから、あと2回切り替えて頑張りたい。」と前向きな考えを示した。

今日から1週間続くリーグ戦。一戦の勝敗に左右されずに、毎日気持ちを入れ直して、確実に勝利を重ねていきたいところだ。(藤岡 亜里沙)




試合結果詳細

S1 西坂 ●0(17-21,18-21)2

S2 河内 ☆ 2(21-11,21-16)0

D1 東・中里 ● 1(15-21,21-18,14-21)2

D2 寺脇・大島 ● 0(16-21,13-21)2

S3 ☆ 2(14-21,21-13,21-14)1


同志社● 2-3 京産大

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について