同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > インカレ出場に向けて前進:バドミントン部
第68回関西学生アイスホッ...
第68回関西学生アイスホッ...
壁越えられず
課題が明確に
夏季結果号
'21ルーキー特...
'21ルーキー特...
「己の選んだ道を信じて挑戦...
'21 同立戦特集号
小栗成男氏が聖火を繋ぎました!
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2021年10月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
インカレ出場に向けて前進:バドミントン部
2021/09/02 HEAD LINE NEWS

令和3年度関西学生バドミントン大会 全日本インカレ決定戦 (2021年9月1日)

91日、兵庫県立総合体育館で令和3年度関西学生バドミントン大会 全日本インカレ決定戦男子シングルスのベスト4決定戦、女子ダブルス残り枠決定戦1回戦が行われた。男子シングルスでは大屋、女ダブルスでは4ペアの選手が出場した。大屋は後日行われる残り枠決定戦への出場が決まり、後藤・徳本ペア、小山・太田ペアが残り枠2回戦へと駒を進めた。


最初に登場したのは大屋。インカレ出場がかかる大事な一戦に臨んだ。第1セット中盤、6連続ポイントを取るも、後半から相手のスマッシュや際どいショットに翻弄され13-21とセットを落とす。続く第2セットも相手ペースを崩すことはできず14-21と敗北。しかし、これまで勝ち進んできたことにより残り枠決定戦への出場が決まった。「ずっとやってきたバドミントン生活も最後なのでしっかり決め切ってインカレに出場したい」これがインカレ出場へのラストチャンス。このチャンスをものにし、インカレへの切符をつかみ取る。


スマッシュを打つ大屋(商4)


続いて小山・太田ペア。第1セット目では一進一退の攻防が繰り広げられ、なかなか点差を広げることができない。しかし、チームメイトのインカレ出場が決まっていき、「負けてられない」という強い思いがプレーにも現れ第1セットを先取。第2セット目でも拮抗した試合展開が続くが、終盤相手に連続ポイントを取られ3セット目に突入した。第3セット目では相手のミスもあり着実にポイントを稼いでいきセットを獲得。残り枠決定戦2回戦へと駒を進めた。


ハイタッチを交わす小山(社1)、太田(スポ1)


最後に登場したのは後藤・徳本ペア。関学大相手に息の合ったプレーで連続ポイントを取り、1セット目を21-15で獲得。続く2セット目では、両者譲らぬ拮抗した試合を繰り広げ、17-21で奪われる苦しい展開に。迎えた3セット目。連続失点を許してしまうものの、徳本が果敢にスマッシュを狙い、インカレ出場への第一歩を進めた。


レシーブをする徳本(神1)、後藤(商1)


インカレ出場に向けて着実に駒を進めている選手たち。大舞台に立つチャンスをつかむべく一戦一戦を大切に挑んでいく。(齋藤栄里花、西口明果李、山田和輝)

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について