同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 秋季リーグ戦、白星で締めくくる【バドミントン部女子】:バドミントン部
第68回関西学生アイスホッ...
第68回関西学生アイスホッ...
壁越えられず
課題が明確に
夏季結果号
'21ルーキー特...
'21ルーキー特...
「己の選んだ道を信じて挑戦...
'21 同立戦特集号
小栗成男氏が聖火を繋ぎました!
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2021年10月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
秋季リーグ戦、白星で締めくくる【バドミントン部女子】:バドミントン部
2021/09/10 HEAD LINE NEWS

令和3年度関西学生バドミントン秋季リーグ戦大会 (2021年9月9日)

99日、令和3年度関西学生バドミントン秋季リーグ戦5日目が行われ、甲南大と対戦した。同志社は4-1で勝利を収め、1部リーグ5位で秋季リーグの幕を閉じた。


負けたら入れ替え戦の危機もあった今試合。「勝たなきゃいけない」という強い気持ちで主将・山部が最初にコートに立った。果敢に攻め込むも相手のペースを崩すことは出来ず18-21で第1セットを落とす。続く2セット目ではデュースに持ち込み白熱した試合展開を見せるも、21-23と無念の敗北。


続いて登場したのは舟橋。序盤からペースを上げ、連続ポイントを重ねる。終始試合の主導権を握り21-1321-12と相手に大差をつけ勝利。同志社に流れを作り出した。


スマッシュを放つ舟橋(商2)


1シングルスでセットを落としたものの「キャプテンとして落ち込んではいられない」と再び意気込んだ山部と藤本がコートに立つ。スピード感溢れる攻撃で果敢に相手コートにスマッシュを放った。試合中盤では9連続ポイントを獲得。そのまま勢いに乗り21-1221-7とストレート勝ちし、勝利確定まで目前となった。


サーブをする山部(商3)、構える藤本(スポ2)


2ダブルスでは舟橋、播磨ペアが躍動する。得意とするネット際の攻防を見事に制し、着実に得点を重ねていく。2人の息のあった連携プレーで相手のミスを誘い出し21-1421-14で勝利を引き寄せた。ここで同志社の勝利が確定した。


少しでも勝利を多くあげたい同志社。次世代エース藤本がコートに立つ。同い年との対戦ということもあり、闘志を燃やし自分から積極的に攻め込んだ。鋭いスマッシュや緩急のあるドロップショットで相手のミスを誘い21-1221-16と快勝を収めた。


構える舟橋(商2)、播磨(商1)


レシーブをする藤本(スポ2)


甲南大相手に4-1と最終戦を白星で締めくくった。初戦から次第にチームの雰囲気を上げていき、1部リーグ5位で秋季リーグが終幕。「隣のコートで1部上位リーグがやっているのを見るのは悔しかった。」と主将・山部は今大会を振り返った。しかし、彼女たちに下を向いている暇はない。今大会で得た課題をチーム一丸となって修正し、次の春リーグでリベンジを果たす。そして、来月からはインカレが始まる。気持ちを切り替え、インカレに向け今日も練習に励む。(文責:齋藤栄里花、撮影:待鳥桜子)


【試合結果】

同志社大学  4-1  甲南大学

S1山部(商3) 0(18-2121-23)2 

S2舟橋(商2) 2(21-1321-12)0 

W1山部(商3)藤本(スポ2) 2(21-1221-7)0 

W2舟橋(商2)播磨(商1) 2(21-1421-14)0 

S3藤本(スポ2) 2(21-1221-16)0 

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について